新卒採用時に200社落ちたけど何とかなる!既卒で採用されたお話!

どうも、ついに3年振り4回目の就職活動が始まりました!げんです!

実は、今仕事をしていません。

ニートです。通称”明るいニート”として活動しております!

”明るい”という形容詞を使い、POPな感じの明るいニートとして今活動しております!

原点回帰という事で過去の仕事、就職活動を振りかえつてみたいと思います。

仕事と私

新卒採用時に200社落ちたけど何とかなる!既卒で採用された話!

2009年10月 就職活動開始

  • 就職サイトのリクナビとマイナビ、エン・ジャパンなどの登録開始!
  • 大学の就職活動セミナーに参加!

今の就職活動解禁は大学4年生の4月なので、随分と早いと思うが数年前まではこうだった!2010~2012年卒の皆さんは、わかると思いますが就職氷河期と言われていた時期だった。リーマンショックの影響で日本の経済が不景気になり、日本社会全体が沈んでいた時期でありました!

当時、目指していた職業

何だと思いますかw

正解は、動物関係のMR(医療情報担当者)。

理由は、給料が高いのもあるし大学時代は、動物に関する研究もしてたし、大学受験も大学の学科の名前で受験したほど。

それから、派生してMR、牧場関係、種苗メーカー、映画関係、書籍関係の会社を受けてた!自分に興味のある会社を受けてた感じでした。

それが、あの地獄の始まりだと知らずに。。。。

2010年8月 苦戦中

  • 就職活動を初めて10か月
  • 周りの友達もこの状況を乗り越え、内定を勝ち取った友達が出てきた
  • 大学院に進学する友達も出てきた

そんな状況の中、僕は就職活動の荒波に飲まれていた!

  • 既に、落ちた会社の総数は100社を超えていた。
  • 週3~4のペースでほぼ毎週、就職活動をしていた。

今思えば、よくメンタルが持ったと思います!

過去記事より

 

あけまして、おめでとうございます! リアルタイムで今、台湾です。 今宵、日本に戻りますが日本寒いんやろうなと覚悟しています! ...

 

就職活動の準備をおこたわり、やりたい仕事がありすぎて志望動機がボロボロなので、仕方がないと思う。ここで、諦めは肝心だと学びました。

ここから、僕は方向転換をした!

具体的に言うと

  • 自分に興味のない企業は受験しない
  • 選考時でも魅力がなかったら辞退する
  • そして、俺も会社を選ぶという強気姿勢を取った

目指せ、初内定と誓うのであった

自分に。。。。。

2010年12月 もがく

クリスマスのリア充満載のイベントも終わり、大晦日から正月を迎える12月の季節は冬!

 

以前、僕の就職活動も冬!

 

 

方向転換してから、内定は貰えなかったが最終選考まで進むことは多くなったのだがあと一歩が足りないようだ!それが何なのかわからない。答えはあるが、答えを見つからないジレンマに陥っていた!

今はやっているかわからないが、経済産業省が若い人材を採用して成長したいとする中小企業と、社会に出て活躍したいとする新卒者等とのマッチングを支援する「DREAM-MATCH PROJECT(ドリーム・マッチプロジェクト)」いうサイトを使い、就職活動をしていた!

ネットで、説明会がリアルタイムで聞けて、チャットを通じて採用担当に質問も出来る。選考回数も少ないので、早期内定が貰える採用方式!

そんな事で2011年正月に神社に言った!

内定が欲しいと!!!

この時、落ちた会社は160社以上!!!

2011年3月 卒業

大学時代のサークルの卒業式の恒例イベントとしては、卒業式に貰ったお花を先輩に渡して「卒業おめでとう」と頭を叩いてもらうのが流行りだった!僕たちの卒業式の為に来てくれた先輩や後輩の皆さんはほんまにありがたい!

嬉しい、嬉しい。。。。けど

心に中にある悩みがある

 

内定がない  と

 

この瞬間、僕は

新卒採用という称号は捨てた!捨ててしまった!

祈られた会社は200社を超えた!

200社落ちの男として称号を貰った!

途中から、逆転の発想で落ちた会社どれだけいけるかという考えに至った自分に反省!

まとめ

卒業してから、一ヶ月以内で地元に内定を頂き既卒としてGW明けから働くことにはなりました!ハローワークを利用したら一瞬で決まりました!20社は落ちましたがw

新卒という事にこだわりがなければ、既卒でもいいと思います!

僕にとったら既卒は、選考回数も少なく直ぐに働けるので本当に有難かったです。

でも、僕は新卒の人たちに憧れている部分もあります。

それは、僕は体験できない事です!

同期がいることは!

それが最もこの新卒就職活動で悔しいこと。。。

加えて就活での出会いも。。。

悔いが残らぬ就活を!!!

220社落ちたけど、何とかなります。

身をもって知ったので、説得力はあるはずw

次回予告

  • 最初の会社について

について書きたいと思います!

 

お楽しみに!!!

それでは、またまたー!!

 

利用転職サイト

2回目の転職時に利用!キャリアアドバイザーのサポートやカウンセリングは自分では気付かない事をフィードバックしてくれるのでオススメです!僕の場合、職務で身に付けた技術と希望する職種に求めている技術がマッチしてなかったので面接選考には進んでおりませんがw

写真を変えたら売上がドーンと増えるSNS受けする写真の撮り方とは?



もし、あなたがもっとお店の売上を上げたい!
コスト削減をして、利益率を上げたい!

そう思われているなら。

FacebookやInstagramなどのSNSで集客をする前に。

まず、商品の写真を変えてみませんか?

商品写真がキレイだと、パッと見ただけで
お客様がいいな!欲しい!と感じるからです。

でも・・・

  • プロのカメラマンに頼むとコストも時間もかかって面倒。
  • 自分ではイメージ通りの写真が撮れない。
  • どう撮れば良いのかわからない。

などなど。

商品写真で悩まれているネットショップの担当者の方は多いです。

あなたもそうではないでしょうか?

そこで、

「教わったとおり撮影した商品写真に変えたら、

売上がドーンと伸びた!」

と続々と喜びの声が上がっている。

商品写真の撮り方を試してみませんか?

今すぐ詳しい内容を知りたいなら、こちら
初心者でもバンバン売れる商品写真が撮れるようになる!【広告写真のプロが教える写真講座】

そもそも、プロのカメラマンに頼んでも確実に

“売れる”商品写真を撮ってもらえる、

とは限りません。

どういうこと?と思いますよね。

じつは、商品の撮影するときは、キレイに撮ることよりも。

もっと大事なことがあるそうです。

例えば、女性向けのアクセサリーの場合。

中高年の女性向けなのか、若い女性向けなのか。
どんな場面で使うのか。

こういった違いで、写真の撮り方は変わってくるそう。

つまり、商品撮影で一番大事なこと。

それは、商品について、

「どんな目的で、どんなお客さまが、どんな風に使う(食べる)」のか。

以上のことをしっかり把握して、そのままお客様に写真で伝えられるかどうか、
これが一番大事なのです。

じつは、これを教えてくれたのは、広告用の商品写真を撮影して
数々の有名な賞を受賞。

いまも第一線で活躍している、業界トップクラスのカメラマン。

『高崎勉』さんです。

あなたもプロに撮影してもらったのに、
なんだかイメージと違う・・・

と感じたことはありませんか?

お店側のあなたなら、

どんな目的でどんなお客様が、どんな風に使う商品なのか、
よくご存知だからこそ。

ただキレイなだけの写真だと、イメージと合わず、
違和感を感じてしまったのではないでしょうか?

そこで、売り手のあなたが撮影のコツさえ知っていれば。

お客様が欲しい!と思う魅力的な商品写真を撮れることでしょう。

正直言うと・・・

プロのカメラマンよりもずっと、商品写真を魅力的に撮れるはずです。

そこで、あなたの商品知識を使って、ぜひ写真を撮ってみて下さい。

ただし、1つだけ問題が。

他の業務もたくさんあって忙しいから撮影に時間をかけられない。

サクサク終わらせたいのに、なかなか良い写真が撮れない。

そう、自分で写真を撮ると時間がかかるんです。

そこで!

できるだけ低予算で、短時間に、プロ並みの素晴らしい写真を、
サクサク撮れるようになったら。

いいな、と思いませんか?

じつは、先ほどご紹介した一流カメラマン高崎先生が

こっそり公開している、ここだけの商品撮影のコツがあります。

じつは、セミナーにわざわざ行かなくても、
自宅でDVDで学べる内容です。

お試し映像をご覧になるには今すぐこちら。

 

正しいライティングの方法や、カメラの設定、
売れる商品写真に必要な要素など。

インターネットや本で独学すると、なかなか大変な内容も、
映像ならサクッと身につけられます。

ちょっとした撮影の知識と、コツさえ知っていれば、
カンタンに商品を魅力的に撮影できます。

これなら、パソコンやテレビがあれば、スキマ時間を有効活用して、
マイペースに学べます。

難しいカメラの専門用語を覚える必要もありません。

【映像を見て】、【設定を真似して】、【撮影する】
という簡単3ステップ。

とっても、ラクラクな上達法です。

しかも、この先ず~っと無料で、プロ並みの写真が撮れます。

これは、大きなコスト削減になりますよね。

今すぐ、商品写真を“魅力的”な写真に変えて、
お店の売上アップに役立ててみませんか?
初心者でもバンバン売れる商品写真が撮れるようになる!【広告写真のプロが教える写真講座】

関連記事

僕が営業を向いてないとわかって会社を辞めた2つの理由

ミスマッチなんて当たり前、新卒で就職した会社を1年で辞めた

僕が、警察官採用試験を落ちてすぐに再就職ができたたった1つの理由