格安航空LCCバニラエアで行きたい3つのおすすめ旅行先!!

旅行が好きな僕はよくLCC(格安空港)を利用している!

その中で最近自分の中で熱い航空会社がございます!

バニラエアです!

今日は、そんなバニラエアの個人的オススメの旅行先を3つ紹介しちゃいます!

 

格安空港バニラエアで行きたい旅行先3選!

バニラエアって何?

バニラ・エア株式会社(Vanilla Air Inc.)は、日本の格安航空会社 。2011年(平成23年)8月31日にエアアジア・ジャパン株式会社として設立。2012年(平成24年)8月1日に就航し、2013年(平成25年)10月26日をもってすべての便の運航を一時休止した。同年11月1日に商号を現在の「バニラ・エア株式会社」に変更したのち、12月20日から運航を再開した。なお、2014年(平成26年)に設立されたエアアジア・ジャパンとは全く別の法人である。(wikipediaより参照)

元々はエアアジア・ジャパンだったのが調べて見て驚いた!

wikpediaによると、2017年1月現在保有飛行機は11機あるとのこと。

バニラエアの公式サイトはこちらより

 

行きたい旅行先① 奄美大島(鹿児島県)

バニラエアで魅力的なのは、こちら奄美大島にいけることだ!

奄美大島は、沖縄県に近い鹿児島県の島!別名「天国に一番近い島」という呼び名がある!人が優しく、豊かな緑と綺麗な海が評判だ!奄美時間と言われるゆっくりとした時間を楽しめます。写真集を見る限りでは沖縄つぽい感じがします。

日本最大級のクラウドソーシングサービスを運営するランサーズ株式会社と鹿児島県奄美市と提携し、「フリーランスが最も働きやすい島化計画」の取り組みを開始しているので、今後もどんどん発展して行きそうだ!

2017年4月に訪問予定!今から楽しみだ!!

路線

東京(成田)ー奄美大島 1日1便

大阪(関空)ー奄美大島 1日1便 2017年3月26日より運行開始!

行きたい旅行先② ホーチミン市(ベトナム)

今年の年末はベトナムにも、バニラエアを利用して行きました!!東洋のパリとうたわれれる名の如く綺麗な建造物が多かったです!ベトナムフードも、野菜中心の食べ物が多く、日本人の口にもあいます!しかし、東南アジアなのでパリよりも物価が安いので色々と豪勢に遊べます!英語も通じますが、田舎になるとベトナム語しか通じない人が多いので気を付けて下さい(当たり前かw)!

そして、名物のバイクの多さには最初ビビりますが慣れたら大丈夫ですw

路線

東京(成田)ー台湾(台北)ーベトナム(ホーチミン市)

大阪(関空)ー台湾(台北)ーベトナム(ホーチミン市)

沖縄(那覇)ー台湾(台北)ーベトナム(ホーチミン市)

※台北からホーチミン市には行けるので、上記以外でも台北まで飛べればホーチミンまで飛べます。

※成田=ホーチミン(台北経由)の場合、乗り継ぎの時荷物ごと乗り継ぎ出来るので便利です。成田以外はもう一度チェックインする必要があります。

到着時間が深夜になるので、事前にホテルまでの行き方を調べておいた方が良い!路線バスやタクシーの情報はこちらのサイトで乗っているので熟読する事をオススメします!ぼったくりが多いので!

ホーチミンの空港アクセスの仕方

 

行きたい旅行先③ セブ(フィリピン)

セブ諸島は平均気温が26~27℃と、一年を通じて温暖な気候に恵まれた大小167の島々からなるエリアです。観光やスパ、ショッピングが楽しめ、白砂のビーチと透き通る青い海のあるマクタン島やセブシティのあるセブ島、光が当たると水色に輝く純白の砂浜「シュガービーチ」で有名なバンタヤン島、など美しく豊かな大自然が魅力です。 成田から片道約5時間、時差1時間というアクセスの良さも魅力です。
通称”世界屈指のリゾートアイランド”!

ベトナムと同じく物価が安く、公用語が英語なのでベトナム以上に英語が通じます。(当たり前かw)


路線

成田ーセブのみ運行! 2016年12月26日より運行!

※セブパシフィック航空でもセブには行けますが、マニラ経由するので直接行きたい人はおすすめします!フィリピン英語留学でセブに行くときは便利やと思います!

まとめ

以上より僕がバニラエアで行きたいおすすめの旅行先は

元

奄美大島
元

ホーチミン市
元

セブ

LCC航空会社全体で言えることだが、セール時は航空券代が安くなるので、メルマガ登録や航空会社のSNSはフォローした方が良い!!

航空券検索で有名なスカイスキャナーで調べるのも便利だが、航空会社のサイトで検索した方が安い場合もあるので、そちらでも検索するのをオススメします!

格安航空券検索は

Skyscanner


ホテル検索は↓

Expedia


Booking,.com



 

それでは、またまたー!!

写真を変えたら売上がドーンと増えるSNS受けする写真の撮り方とは?



もし、あなたがもっとお店の売上を上げたい!
コスト削減をして、利益率を上げたい!

そう思われているなら。

FacebookやInstagramなどのSNSで集客をする前に。

まず、商品の写真を変えてみませんか?

商品写真がキレイだと、パッと見ただけで
お客様がいいな!欲しい!と感じるからです。

でも・・・

  • プロのカメラマンに頼むとコストも時間もかかって面倒。
  • 自分ではイメージ通りの写真が撮れない。
  • どう撮れば良いのかわからない。

などなど。

商品写真で悩まれているネットショップの担当者の方は多いです。

あなたもそうではないでしょうか?

そこで、

「教わったとおり撮影した商品写真に変えたら、

売上がドーンと伸びた!」

と続々と喜びの声が上がっている。

商品写真の撮り方を試してみませんか?

今すぐ詳しい内容を知りたいなら、こちら
初心者でもバンバン売れる商品写真が撮れるようになる!【広告写真のプロが教える写真講座】

そもそも、プロのカメラマンに頼んでも確実に

“売れる”商品写真を撮ってもらえる、

とは限りません。

どういうこと?と思いますよね。

じつは、商品の撮影するときは、キレイに撮ることよりも。

もっと大事なことがあるそうです。

例えば、女性向けのアクセサリーの場合。

中高年の女性向けなのか、若い女性向けなのか。
どんな場面で使うのか。

こういった違いで、写真の撮り方は変わってくるそう。

つまり、商品撮影で一番大事なこと。

それは、商品について、

「どんな目的で、どんなお客さまが、どんな風に使う(食べる)」のか。

以上のことをしっかり把握して、そのままお客様に写真で伝えられるかどうか、
これが一番大事なのです。

じつは、これを教えてくれたのは、広告用の商品写真を撮影して
数々の有名な賞を受賞。

いまも第一線で活躍している、業界トップクラスのカメラマン。

『高崎勉』さんです。

あなたもプロに撮影してもらったのに、
なんだかイメージと違う・・・

と感じたことはありませんか?

お店側のあなたなら、

どんな目的でどんなお客様が、どんな風に使う商品なのか、
よくご存知だからこそ。

ただキレイなだけの写真だと、イメージと合わず、
違和感を感じてしまったのではないでしょうか?

そこで、売り手のあなたが撮影のコツさえ知っていれば。

お客様が欲しい!と思う魅力的な商品写真を撮れることでしょう。

正直言うと・・・

プロのカメラマンよりもずっと、商品写真を魅力的に撮れるはずです。

そこで、あなたの商品知識を使って、ぜひ写真を撮ってみて下さい。

ただし、1つだけ問題が。

他の業務もたくさんあって忙しいから撮影に時間をかけられない。

サクサク終わらせたいのに、なかなか良い写真が撮れない。

そう、自分で写真を撮ると時間がかかるんです。

そこで!

できるだけ低予算で、短時間に、プロ並みの素晴らしい写真を、
サクサク撮れるようになったら。

いいな、と思いませんか?

じつは、先ほどご紹介した一流カメラマン高崎先生が

こっそり公開している、ここだけの商品撮影のコツがあります。

じつは、セミナーにわざわざ行かなくても、
自宅でDVDで学べる内容です。

お試し映像をご覧になるには今すぐこちら。

 

正しいライティングの方法や、カメラの設定、
売れる商品写真に必要な要素など。

インターネットや本で独学すると、なかなか大変な内容も、
映像ならサクッと身につけられます。

ちょっとした撮影の知識と、コツさえ知っていれば、
カンタンに商品を魅力的に撮影できます。

これなら、パソコンやテレビがあれば、スキマ時間を有効活用して、
マイペースに学べます。

難しいカメラの専門用語を覚える必要もありません。

【映像を見て】、【設定を真似して】、【撮影する】
という簡単3ステップ。

とっても、ラクラクな上達法です。

しかも、この先ず~っと無料で、プロ並みの写真が撮れます。

これは、大きなコスト削減になりますよね。

今すぐ、商品写真を“魅力的”な写真に変えて、
お店の売上アップに役立ててみませんか?
初心者でもバンバン売れる商品写真が撮れるようになる!【広告写真のプロが教える写真講座】

関連記事

チェンマイで泊まるなら日本人経営のゲストハウス「スローハウス」一択だ。

バックパッカーをやって、得れた5つの経験

僕がおすすめするマレーシアのクアラルンプールの観光地ベスト3!

旅の本が教えてくれたライフプラン設計で人生を豊かにしょう!

バンコクに行ったのは3年前だけどいまだ心に残る2つの思い出

移住3ヶ月の友達と行く奄美大島2泊3日で訪れたおすすめ観光地