鳥カフェ同行カメラマンを実際にやってみて気づいた3つのこと

どうも、インコ大好きフォトグラファーのげん(@inkoinko666)です。

 

日本に一時帰国した時に、「インコ+カメラ」のお仕事がしたくて、「鳥カフェ同行カメラマン」をやりました!

 

こんにちは、2018年の1月に一時帰国が決まったカメラマンのげん(@inkoinko666)です。 せっかくなので、海外で鍛えたカ...

 

簡単にサービスの内容を伝えますと、

  1. 一緒に鳥カフェに同行する
  2. 依頼者がインコ、オウムに戯れている姿を撮影する
  3. 簡単なお店の紹介とインコ、オウムの解説をする

 

なんと、奇跡的に1名応募があったので前代未聞の新サービス「鳥カフェ同行カメラマン」を実行できました。

 

実際にやってみてわかったことやカメラの仕事を作りたいと思っているあなたにシェアします。

 

 

鳥カフェ記事を書いていた事で、インコオウムの事が詳しい人であるとネットで認知されていた。

 

サザナミインコ 南米の山岳地帯に生息している。 飛ぶことよりも歩くことを好む。 カラーバリエーションが豊富。 フルーツと水遊びが好き。 動作はスロー、仕草はコニュア #一眼レフ #カメラ好きな人と繋がりたい #写真撮ってる人と繋がりたい #ファインダー越しの私の世界 #写真好きな人と繋がりたい #カメラ男子 #カメラ散歩 #心のファインダーであるがままに #サザナミインコ #山岳地帯 #愛鳥 #インコスタグラム #ペット #鳥カフェ #ことりカフェ #心斎橋 #南米 #lovebird #animalface #animalland #instagood #barread_parakeet #south_america #nikon #photo #photographer #camera #osaka

西島本元 / オーストラリアワーホリブロガーさん(@gengen625)がシェアした投稿 –

応募してみた理由を聞いたところ、一人で鳥カフェに行きたいと思ってくれた依頼者さんがTwitterで検索したところ《永久保存》2017年は酉年だけにトリ充しに行きたい7つの鳥カフェという記事を見ていただいき、鳥カフェ同行カメラマンの存在を知ったとのことでした。

 

自分の好きな事を積極的に発信したことで、それを知りたいと思っている人に届いたからです。

 

SNSで自分の好きな事を発信し続けた成果です。

 

SNSを通じて積極的に情報発信していく!

鳥カフェトークしながら、自分自身も良いテンションで撮影ができた

 

鳥カフェ同行カメラマンに応募してくれた人は、鳥カフェに凄い興味がある人です。

 

インコ、オウムの話をしている時が終始テンション高い僕に取ったら至福の時間でした。

 

普段以上に好テンションで好きな事話していたので、仕事ですが最高の時間を過ごせました。

 

自分の気持ちさえ、良い感じに維持すれば、良い撮影ができる。

 

 
自分の得意なフィールドに持ち込んで、最高な気持ちを維持しょう!

写真を撮ったことで、その写真に興味を持ってくれた人と後日鳥カフェに行ってくれた。

 

アオメキバタン 白色オウムで最もポピュラーな存在。 キバタンの中では、3番目の大きさ。 オーストラリア、パプアニューギニアおよび付近の島々に生息。 目の周りが青色になっているのが特徴。 #一眼レフ #カメラ好きな人と繋がりたい #写真撮ってる人と繋がりたい #ファインダー越しの私の世界 #写真好きな人と繋がりたい #カメラ男子 #カメラ散歩 #心のファインダーであるがままに #アオメキバタン #キバタン #愛鳥 #オウム  #ペット #鳥カフェ #ことりカフェ #心斎橋 #オーストラリア #lovebird #animalface #cockatoo #instagood #triton_cockatoo #australia #nikon #photo #photographer #camera #osaka

西島本元 / オーストラリアワーホリブロガーさん(@gengen625)がシェアした投稿 –


後日、簡単なアンケートを送ったので答えてくれました。

 

鳥カフェ同行カメラマンを利用してみてどうでしたか? という質問です。

 

こんな回答が返って来ました。

 

写真を撮っていただいたので、

その写真を友達に見せたところ興味を持ってもらって

先日友達と鳥カフェに行きました。

写真を撮っていただいてよかったなと思いました!

 

カメラマンとして嬉しい言葉を頂きました。

 

写真は動画よりも情報量は少ないですが、見せたい部分をピンポイントで見せれる利点があります。あとは、本人の話で写真の周りの情報を補えば、相手の脳には鮮明に情報が表示されます。

 

本当に写真を撮っていて良かったと改めて思いました。

 

 

写真の素晴らしさを改めて気づいたこと。 

 

 

帰国する前から本格的に考えてすぐに実践する

 

 

今回、「鳥カフェ同行カメラマン」をにやってみて気づいた3つのことです。

 

SNSを通じて積極的に情報発信していく。

自分の得意なフィールドに持ち込んで、最高な気持ちを維持しょう!

写真の素晴らしさを改めて気づいたこと。 

 

 

僕の日本の帰国は今年の7月なので、ブラッシュアップして再度やろうか検討中です。

 

依頼者にこのサービスをさらに良くするためのアドバイスがあれば教えてください! と質問したところ

 

アドバイスがあまり思いつかなかったので、また思いつき次第こちらはお返事させてください!

 

と回答がありました。

 

あと、4ヶ月半でしっかりとプランを考えて帰国したら即実践出来るようにします。

 

全ては行動あるのみ。

 

ちなみに、鳥カフェ同行カメラマンの撮影募集ページはネットショップ「BASE」さんで秒速で作りました。

 

まずは、登録して作ることから初めて見るのはどうでしょうか?



 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

オーストラリア、Tullyでのカメラ活動報告【後編】

【撮影実績/イベント写真】 表現者として生きるというイベントを撮影したよ

【撮影依頼受付中】カメラマン西島本元の全国出張撮影の料金詳細

【撮影実績/スナップ写真】ジンバブエ女子さおりんの撮影をしました

一眼レフ初心者は単焦点レンズを買えば圧倒的に写真が上手くなる

【撮影実績/出張インコ撮影】オカメインコの可愛い写真を撮影しました