日本も海外も関係なかった!大切なのは、自分の周りの人と環境だ!

先日まで日本に一時帰国していたげん(@inkoinko666)です。

 

久しぶりの日本では、弟の結婚式以外にもカメラのお仕事やら会いたい人に会いに行ったり、行きたいイベントに参加してました。

 

どうも、日本に一時帰国していたげん(@inkoinko666)です。 日本では、弟の結婚式や友達に会う約束、行きたいイベント、行き...

 

結果的に、オーストラリアにいてた自分では、考えつかなかったアイデアや気づきが得られたんですよ。 本当に一時帰国して良かったなと思うばかりです。

 

それは、なぜ? かと考えてみたら

 

「大切なのは、自分の周りの人と環境だ!」ということを。

 

これは、自分の中でもぜひともあなたに知ってほしい情報なので記事化しました。

 

今の自分があるのは、今日までの人と環境のおかげであるということ

 

人が良い

 

 

今回、一時帰国中に会った友達のほとんどが、既に自分で何かを始めている人達でした。

そんな人達と話を聞いていると、やっぱりもっと話を聞きたくなるしその話の内容もワクワクしてしまうんですね。

 

29年間の大阪で育んでいた交友関係。

大阪にいている時は、普段あっている友達が当たり前すぎてそんなに自覚はしていなかったんですが、一時帰国した時にその有り難みを感じました。

本当に色んな所に足を運んで良かったなっと!

 

その人達のおかげで、幾度ともなく僕の常識や考え方は崩壊していますし。

 

環境が良い

 

 

この環境がいいのは、自分を高めてくれる環境でとても刺激がある環境です。

それも、そのはず生まれ育った大阪と半年間しか住んでいないタリーだと交流している人も違いますし、住んでいる環境も違います。

 

時間をかけて、大阪では自分の居心地のええ環境を作ってきました。

 

ここ数年で僕の交友関係は、本当にガラッと変わりました。

大学の友達から旅関係の友達、そしてカメラ、ブログ関係の友達が増えました。

年々コミュニティがガラッと変わっています。

自分の理想に必要であって、その環境に身を投じてしまえば、モチベーションが上がるからです。

 

一時帰国した時に思ったことは、ちゃんと自分はその環境を作れていたんだなっと改めて認識しました

 

人と環境が恵まれているなら、海外も日本でも関係ない

 

 

こちらの記事では、「大阪では刺激がなくなったから海外に行くと決めたと書いています。」

 

僕は、ずっと海外に行きたいと決めていました。 楽しい社畜時代と生まれ育った大阪という環境を離れ、 ...

 

 

確かに、日本では体験できない海外でしか経験できない体験をいっぱいしました。

 

しかし、僕はずっと同じ街タリーに半年間暮らしています。

 

生活や環境に慣れて刺激がなくなったのも事実であります。

 

どうも、全人類インコ飼計画を運営しているげん(@inkoinko666)です。 ついに、2018年になりました! 2018年になっ...

 

なので、こちらの記事で拠点を変えると書きました。

 

最初は、海外に行けば僕もびっくりする様な変態的な人たちや刺激のある環境の中で過ごせると感じて見たけど、案外そこまで期待以上のこともなかった、

 

結局は、海外にいても日本にいても変わらいな〜

 

大切なのは、どれだけ自分の周りを良い人と良い環境にすること。

 

自分がいかに行動していくのか?

 

それが、わかった一時帰国でした!

 

それでは、またまた〜

 

Instagramのストーリーで日常を公開中

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

オーストラリアで最速で仕事に就けた「ワーホリ準備コース」について

【ワーホリ必見】ゴールドコーストで銀行を開設するならnab銀行

【ワーホリ準備編】海外旅行保険はオーダーメイドで組んだ方がスーパーお得!

【フリーターに告ぐ】バナナファームで働いた方が100倍ましだ

【通算90時間】作業が捗ったメルボルンでオススメな3つの図書館

【Tullyバッパー情報】「住」を制する者は「バナナ」を制する