スプレーアート初心者が技術を習得する為にやった具体的な練習方法

メルボルンでバスキングデビューする予定のげん(@inkoinko666)です。

 

この記事を作成してから、週末には必ずスプレーアートの練習をしていました。

 

現在タリーのバナナファームで働いているげん(@inkoinko666)です。 この後、メルボルンに行ったらカラースプレーアートでバスキング...

 

おかげで、現段階でこの程度のレベルの作品を作れるようになりました。

 

 

 

どうですか? 中々幻想的な作品になったでしょう?

 

今回、この記事で伝える方法はスプレーアート初心者の僕が2ヶ月間でここまで描ける様になっら具体的な方法を、以下の段落構成で詳しく解説していきます。

 

  1. Youtubeでスプレーアートのやり方を学ぶ。
  2. 実際にスプレーアートを実践する。
  3. 完成した作品を見て、「動画通りにちゃんと出来たのか!?」を調査する。
  4. 調査結果から、次回への改善点を見つける。
  5. 改善点から学んだ事を再び実践していく。

 

独学でスプレーアートを学びたいあなたにとって、必見の情報になっています。

 

Youtubeでスプレーアートのやり方を学ぶ。

 

いきなり、スプレーアートをやるにしてもそもそもスプレーアートのやり方を知りませんし、身近にスプレーアートをやっている人がいません。そこで、Youtubeの動画でスプレーアートのやり方を学びます。

Youtubeで「スプレーアート」を検索してみると

 

こんな感じで、表示されます。

 

もちろん、

 

スプレーアートのやり方に関する動画もあります。その動画を見て、スプレーアートのやり方を学びます。個人的に、動画を見ている時に描き手の描き方をじっくり見るのがポイントです。

 

以下のポイントを動画を見ている時にチェックしましょう。

 

  1. スプレーの振り方。
  2. スプレーアートに使っている道具の使い方。
  3. 描き手の手さばき。

 

数あるスプレーアートの中で、特にやり方に置いて参考になったのはスプレーアートのYoutuberさんは「Sunnyさん」です。

 

 

道具の使い方ややり方が初心者目線でもをわかりやすく解説していました。ブログにも、スプレーアートの情報が満載でしたのでチャンネルと合わせてチェックして見て下さい。

 

SunnyさんのYoutubeチャンネル

Sunnyさんのブログ「世界の路上から」

 

実際にスプレーアートを実践する。

 

最初に凄い大事なことを言います。

スプレーアートの動画を見たら、すぐにスプレーアートを実践しましょう。

 

と言うのは、動画を見た当初が1番自分のやる気が上がり、描き手の描き方を頭で覚えている1番の時期だからです。人間ってすぐに物を忘れる生き物ですし、気持ちも後で冷めていくので、すぐに実践しましょう。

 

実践している時のポイントとしては、動画や写真でその練習風景を記録と残してください。あとあと、見返した時にスプレーアートの上達度が一目でわかりますので。

 

 

 

僕は、Twitterを利用して練習で感じた事も発信して、その時感じた気持ちとかを文章として残しています。

 

完成した作品を見て、「動画通りにちゃんと出来たのか!?」を調査する。

 

はい! 作品が完成したら出来上がった作品をじっくりと見ましょう。

動画の描き方(理想)と自分の描き方(現実)を見比べて、ちゃんとできましたか?

「出来ていませんでした。理想では、もっと簡単にできるはずやったのに!」と思ってました。

 

ここでは、理想と現実のギャップを埋めていきます。

 

初めてで上手く描ける人はほぼいません。動画通りに出来なかった理由を考えて見ます。

 

  • なぜ、できなかったのか?
  • どうしたら、うまく出来るのか?

 

そこで、考えた事や思いついた事が、スプレーアートを上達する為の改善点になります。

 

 

 

 

 

 

調査結果から、次回への改善点を見つける。

 

描き終わった後に、動画と自分の作品を見比べてTwitterを利用して次回の改善点をツィートしていました。

 

 

この改善点から、次回のスプレーアート練習での方向性を決めていきます。

足りなかった技術は、動画を見て改めて勉強し直したり、新たな機材や資材を購入していきます。

 

 

 

 

改善点から学んだ事を再び実践していく。

 

 

あとは、実践あるのみです。完成したら、動画と自分の作品のギャップを調査して、改善点を見つけます。それの繰り返し。

 

この練習方法を繰り返していけば、スプレーアートを実践する度に技術がどんどんレベルアップしていくのが身をもってわかりました。(作品を見返す度にわかりますしね。)

 

ちなみに、この練習方法は実際にビジネス現場で使われているPDCAサイクルです。

 

スプレーアート以外にも、PDCAサイクルは応用できるので覚えといても損はないです。

 

 

メルボルンでのバスキング情報をこれからどんどんと発信していくので、次回記事も楽しみにしてください。

 

それでは、またまた〜

 

なぜ!?メルボルンでスプレーアートをするのか? こちらの記事で確認を↓

 

どうも、全人類インコ飼計画を運営しているげん(@inkoinko666)です。 ついに、2018年になりました! 2018年になっ...

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

オーストラリアシェアハウス生活で自分の好きな事がざっくりわかった話

実際に訪れたメルボルンのインスタ映えフォトスポット10選

【グルメ旅】メルボルンでもう一度行きたくなる美味しい5つのレストラン

【海外ノマド向け】メルボルン生活と観光がわかるメルボルン通信

【ワーホリ必見】ゴールドコーストで銀行を開設するならnab銀行

格安オーストラリア留学?バーレイヘッズにある語学学校の魅力に迫る