SNSは、役割を考えて使ったら意味があるよ!

どうも!最近、四柱推命という占いをやったんですけど、君は変人だと言われたげんです。

 

 

最近、友達の投稿で「みんなは、どうやってSNSを使い分けるんだろう?」という質問がありました!そこで、僕はSNSにはそれぞれ特徴があって、用途によって使いわけているのだと言いたかったんですが、その場で言えなかったので今回まとめてみました!

 

そもそも、SNSって何?

 

SNSとは、[Social Networking Servise]の略で。

 

「人同士のつながり」を電子化するサービス。自己情報のコントロールや人との出会といった目的を掲げ、各社がサービス行っている。「コミュニティー」を通じた「友達の輪」のネットワーク型組織。日本ではmixiTwitter、世界ではFacebookなどがしられている。また主なコンテンツがブログのFacebookやTwitter、写真や動画などのInstagramやPinterest、Vineなど、それぞれのサービスはコンテンツによって特徴付けられている。(http://d.hatena.ne.jp/keyword/SNSより参照)

 

 人同士のつながりを電子化するサービスによって、今いている場所が違えど友達や家族、恋人に連絡が取れる本当に便利なサービス!

 

 現在、僕が利用しているSNS

 

facebook

Instagram

twitter

youtube

LINE

 

他にも、ありますがメジャーなのはこの5種類。Facebook、Twitter、LINEは日本のSNS御三家と言われるぐらい、日本で本当に沢山の人に利用されている素晴らしいサービスです!!

 

ちなみ、僕が運営しているサイト(2017.01.06現在)

 

全人類インコ飼計画 インコ好きを増やす事と好きなことを書いてい自分だけのマイメディア。

 

Photo to Yell ネットショップ。関西のみ50円でカメラ撮影やってます。

 

この2つのサイトを運営しております。

 

僕のSNSは、この2つのサイトの成長欠かせないツールとなっております!
なので、僕もSNSに役割を持たして使っています。というか文章を書いてく最中にそうゆう風に使っているとわかりました笑

 

なので

 

僕は、SNSを目標達成させる為のツールとして使っています。

 

僕が使っているSNSのそれぞれの役割!

 

 まずは、この相関図を見て下さい!!

 

英字、記号の意味 早見表

 

Facebook=F
Youtube=Y
Instagram=I
twitter(ブログ)=tブ
twitter(カメラ)=tカ
LINE=L
全人類インコ飼計画=ブログ
Photo to Yell=カメラ
黒二重線は、投稿時連携させている。twitter(カメラ)とInstagramを連動!
黒線はリンクでそのSNS、サイトに飛ぶようにしてある。
矢印は連絡先を同期させてある。Facebookの連絡先とLINEを同期。
(同期設定がしていない場合、LINEでは反映されない。)

 

SNSのそれぞれの役割

 

Facebook
自分の近況投稿および友達の近況もわかるので、ヘビーユーザーとして利用中!もし、Facebookが消えちゃうとこの世界に俺は一人しいないという人間関係になってしまうほど最重要SNS。メッセージのやりとりやブログのFacebookページも管理中。

 

LINE
グループラインがとても便利なので、何かの集まりやイベントの時にはグループを作成する時に重宝する。Facebookからの連絡のやりとりの移行が多い!スタンプの種類が豊富だからかもしれない!!最近では、LINE@といったビジネス用としてブログの集客をやっている人が多いので自分も今後利用していくだろうと思う。

 

Youtube
たまに作った動画を投稿する用!これからは、ブログの為に作った動画を投稿していくかも。

 

Twitter(ブログ)
つぶやきはこちらでやっている!Facebookが内の発信なら、twitterは外の発信として利用している!情報量がとにかく多い!自分の興味のある分野の方をフォローしている!ブログのURLを貼り付けているのでブログの集客としても利用している。アプリを使ってブログの記事を自動的に投稿している、

 

Twitter(カメラ)
元々はカメラの撮影依頼を受けたくて作成した。Instagramの投稿をシェアしている写真アカウント!ネットショップのURLを貼り付けているので、カメラ撮影依頼の集客として利用している。

 

Instagram
毎日自分の撮った写真を投稿している。いいねの数を増やす為の方法を日々考えている。最近わかった事、①#を入れる。②#の公開投稿が多いやつを選ぶ。
現在、いいね最高記録更新中です。また、Instagramの#の検索を利用して気になるお店や観光地の情報を調べるインスタ検索というのが流行っているらしい。

 

今後の展望

 今後はこんな関係図を目指しています。

 

 赤線は、今後連携を強化していくという意味です!!

 

  • ブログにネットショップのバナー記事を作成して配置する。
  • ブログにLINE@のバナー記事を作成して配置する。
  • Facebookページでネットショップのページを作成する。

 

僕は、この様にしてSNSの役割を持たして使っております。ブログの集客をやっている為色んなSNSをやっておりますが、自分に合わないSNSも勿論あります。色々使って見て自分に合うSNSを見つけて下さい!

 

こんな無料で使えるサービス、超便利なサービスは使ってなんぼです!
上手に利用して、色んな情報に触れて、自分の目的を達成させていくために使っていきましょう!!そんで、人生を楽しんでいきましょう!

 

これは、ええなと思った利用法があればまたまとめて投稿するのでよろしくお願いします!

 

それでは、またまたー!!
写真を変えたら売上がドーンと増えるSNS受けする写真の撮り方とは?



もし、あなたがもっとお店の売上を上げたい!
コスト削減をして、利益率を上げたい!

そう思われているなら。

FacebookやInstagramなどのSNSで集客をする前に。

まず、商品の写真を変えてみませんか?

商品写真がキレイだと、パッと見ただけで
お客様がいいな!欲しい!と感じるからです。

でも・・・

  • プロのカメラマンに頼むとコストも時間もかかって面倒。
  • 自分ではイメージ通りの写真が撮れない。
  • どう撮れば良いのかわからない。

などなど。

商品写真で悩まれているネットショップの担当者の方は多いです。

あなたもそうではないでしょうか?

そこで、

「教わったとおり撮影した商品写真に変えたら、

売上がドーンと伸びた!」

と続々と喜びの声が上がっている。

商品写真の撮り方を試してみませんか?

今すぐ詳しい内容を知りたいなら、こちら
初心者でもバンバン売れる商品写真が撮れるようになる!【広告写真のプロが教える写真講座】

そもそも、プロのカメラマンに頼んでも確実に

“売れる”商品写真を撮ってもらえる、

とは限りません。

どういうこと?と思いますよね。

じつは、商品の撮影するときは、キレイに撮ることよりも。

もっと大事なことがあるそうです。

例えば、女性向けのアクセサリーの場合。

中高年の女性向けなのか、若い女性向けなのか。
どんな場面で使うのか。

こういった違いで、写真の撮り方は変わってくるそう。

つまり、商品撮影で一番大事なこと。

それは、商品について、

「どんな目的で、どんなお客さまが、どんな風に使う(食べる)」のか。

以上のことをしっかり把握して、そのままお客様に写真で伝えられるかどうか、
これが一番大事なのです。

じつは、これを教えてくれたのは、広告用の商品写真を撮影して
数々の有名な賞を受賞。

いまも第一線で活躍している、業界トップクラスのカメラマン。

『高崎勉』さんです。

あなたもプロに撮影してもらったのに、
なんだかイメージと違う・・・

と感じたことはありませんか?

お店側のあなたなら、

どんな目的でどんなお客様が、どんな風に使う商品なのか、
よくご存知だからこそ。

ただキレイなだけの写真だと、イメージと合わず、
違和感を感じてしまったのではないでしょうか?

そこで、売り手のあなたが撮影のコツさえ知っていれば。

お客様が欲しい!と思う魅力的な商品写真を撮れることでしょう。

正直言うと・・・

プロのカメラマンよりもずっと、商品写真を魅力的に撮れるはずです。

そこで、あなたの商品知識を使って、ぜひ写真を撮ってみて下さい。

ただし、1つだけ問題が。

他の業務もたくさんあって忙しいから撮影に時間をかけられない。

サクサク終わらせたいのに、なかなか良い写真が撮れない。

そう、自分で写真を撮ると時間がかかるんです。

そこで!

できるだけ低予算で、短時間に、プロ並みの素晴らしい写真を、
サクサク撮れるようになったら。

いいな、と思いませんか?

じつは、先ほどご紹介した一流カメラマン高崎先生が

こっそり公開している、ここだけの商品撮影のコツがあります。

じつは、セミナーにわざわざ行かなくても、
自宅でDVDで学べる内容です。

お試し映像をご覧になるには今すぐこちら。

 

正しいライティングの方法や、カメラの設定、
売れる商品写真に必要な要素など。

インターネットや本で独学すると、なかなか大変な内容も、
映像ならサクッと身につけられます。

ちょっとした撮影の知識と、コツさえ知っていれば、
カンタンに商品を魅力的に撮影できます。

これなら、パソコンやテレビがあれば、スキマ時間を有効活用して、
マイペースに学べます。

難しいカメラの専門用語を覚える必要もありません。

【映像を見て】、【設定を真似して】、【撮影する】
という簡単3ステップ。

とっても、ラクラクな上達法です。

しかも、この先ず~っと無料で、プロ並みの写真が撮れます。

これは、大きなコスト削減になりますよね。

今すぐ、商品写真を“魅力的”な写真に変えて、
お店の売上アップに役立ててみませんか?
初心者でもバンバン売れる商品写真が撮れるようになる!【広告写真のプロが教える写真講座】

関連記事

関連記事がありません。