チェンマイで泊まるなら日本人経営のゲストハウス「スローハウス」一択だ。

元

どうも!旅行が好きなげん(@inkoinko666)です。

 

ゴールデンウィークにニートの特権を活かして、13日間東南アジアを中心に放浪していました。今回は、その中で訪れたタイのチェンマイにあるゲストハウス「スローハウス」の宣伝記事になります。

 

タイのチェンマイとは?

 

ムアンチエンマイ郡(ムアンチエンマイぐん)はタイ・北部にある郡(アムプー)。チェンマイとも。チエンマイ県の県庁所在地(ムアン)でもある。ラーンナータイ王国の首都として、メンラーイ王により1296年4月12日建造された。王国の首都として古くから発展し、ラーンナータイ王国が廃止された現在でも北部の文化・経済の中心である。人口では東北部のナコーンラーチャシーマーを下回るが、その歴史の長さや都市の格から、一般にバンコクに次ぐタイ第2の都市とされている。(wikpediaより参照)

日本で例えるなら、京都みたいな街です!

古き良きタイの良さが詰まっている街でありタイ北部の経済と文化の中心の街です。

アメリカ人の長期休暇でよく過ごす観光地の一つであり、欧米人のリタイヤ世代も住んでいるので、外国人の人たちも多いです。

とても、ゆっくりと過ごせると聞いていたので今回訪れました。

そこで、お世話になったゲストハウスが。。。。

 

スローハウスです。

 

チェンマイにある「スローハウス」

 

元

いい感じの外観でしょう!

元

チェンマイ空港から40〜100バーツほどで行けます!

スローハウスの内装写真

 

 

元

アートな看板がお出迎え!

 

 

元

外でならタバコが吸えます!

 

 

元

こちらが、共有スペース玄関です。
元

みんな、ダラダラしています。

 

 

元

こちらでは、テレビゲームが出来ます!沈没旅にはもってこいです。

 

 

 

元

パソコンや漫画で、スローライフを楽しめます。

 

 

元

こちらが、キッチン!インスタントコーヒーを飲んでいました。

 

 

元

シャワールームです。温水はちゃんと出ますよ!

 

 

元

こちら、トイレ!セルフジェットを体験できます。

 

 

元

個室は一泊350バーツです。一人の時間を過ごしたい貴方は是非!

 

 

  1. 元

    ドミトリーです。一泊250バーツです。

 

 

元

ゲストハウスで、備品も販売しています。
元

facebookやブログでスローハウスのレビューを発信したら、洗濯代が無料になります。(外に干しても、すぐ乾きますが。。。。)

 

 

元

超美味しいコーヒーの販売もやっています。

 

 

元

永遠の中学生ことオーナーのあゆみさんが、スローハウスで皆さんの宿泊をお待ちしております。

 

楽しい思い出が作れます。

 

日本人経営のゲストハウスなので、チェンマイの情報を日本語で手に入ります。

日本人の友達を作りたったら、是非ともチェンマイのスローハウスで泊まることをオススメします。

 

たまたま、共有スペースで喋っていた人と観光に行くことが出来るので、予定が未定でも全然楽しめます。

 

 

元

ソンテウというタクシーに交渉して

 

 

元

チェンマイのグランドキャニオンに行って

 

 

元

飛び込むのを見てたりしていました。

 

入場料30バーツ。

 

 

元

チェンマイで最も高い所にあるお寺 ドイ・ステープにも行きました。入場料忘れました。

 

元

後は、宿の人たちと

 

元

ご飯を食べに行ったり、

 

 

元

飲んだり、

 

 

元

夜な夜なゲームをしていました。

 

ここに、来る宿の人たちは他人の時間を干渉せずに、自分の時間をしっかりと取る人が多かったです。

 

英語留学やタイ式マッサージを受講しに来る向上心が高い人達も来ていました。

 

僕も散歩したり、ブログを書いたりして自分の時間を作っていました。

 

チェンマイのスローハウスには、また来ます。

 

そんな自分の時間を楽しめながら、日本人がいる心地良い環境でチェンマイライフを楽しみました。

 

前回、タイ旅行【バンコク】とはまた違ったタイ旅行を楽しみました。

3連休はクリスマスぽい事をしたいと思っている、げんです。 超アウェイの中でトンレサップ湖を船下りをした後に 過去記事より ...

 

チェンマイに来る時は、是非スローハウスに泊まってダラダラした時間の使い方を楽しみましょう。

 

それまで、全く接点がなかった日本人の友達が出来るし、ゆっくりとリラックスした時間を使えるので、スローハウスを推薦致します。

 

スローハウスの公式ホームページはこちらより!

 

それでは、またまたー!!

 

チェンマイ行きの航空券はこちらでチェック


写真を変えたら売上がドーンと増えるSNS受けする写真の撮り方とは?



もし、あなたがもっとお店の売上を上げたい!
コスト削減をして、利益率を上げたい!

そう思われているなら。

FacebookやInstagramなどのSNSで集客をする前に。

まず、商品の写真を変えてみませんか?

商品写真がキレイだと、パッと見ただけで
お客様がいいな!欲しい!と感じるからです。

でも・・・

  • プロのカメラマンに頼むとコストも時間もかかって面倒。
  • 自分ではイメージ通りの写真が撮れない。
  • どう撮れば良いのかわからない。

などなど。

商品写真で悩まれているネットショップの担当者の方は多いです。

あなたもそうではないでしょうか?

そこで、

「教わったとおり撮影した商品写真に変えたら、

売上がドーンと伸びた!」

と続々と喜びの声が上がっている。

商品写真の撮り方を試してみませんか?

今すぐ詳しい内容を知りたいなら、こちら
初心者でもバンバン売れる商品写真が撮れるようになる!【広告写真のプロが教える写真講座】

そもそも、プロのカメラマンに頼んでも確実に

“売れる”商品写真を撮ってもらえる、

とは限りません。

どういうこと?と思いますよね。

じつは、商品の撮影するときは、キレイに撮ることよりも。

もっと大事なことがあるそうです。

例えば、女性向けのアクセサリーの場合。

中高年の女性向けなのか、若い女性向けなのか。
どんな場面で使うのか。

こういった違いで、写真の撮り方は変わってくるそう。

つまり、商品撮影で一番大事なこと。

それは、商品について、

「どんな目的で、どんなお客さまが、どんな風に使う(食べる)」のか。

以上のことをしっかり把握して、そのままお客様に写真で伝えられるかどうか、
これが一番大事なのです。

じつは、これを教えてくれたのは、広告用の商品写真を撮影して
数々の有名な賞を受賞。

いまも第一線で活躍している、業界トップクラスのカメラマン。

『高崎勉』さんです。

あなたもプロに撮影してもらったのに、
なんだかイメージと違う・・・

と感じたことはありませんか?

お店側のあなたなら、

どんな目的でどんなお客様が、どんな風に使う商品なのか、
よくご存知だからこそ。

ただキレイなだけの写真だと、イメージと合わず、
違和感を感じてしまったのではないでしょうか?

そこで、売り手のあなたが撮影のコツさえ知っていれば。

お客様が欲しい!と思う魅力的な商品写真を撮れることでしょう。

正直言うと・・・

プロのカメラマンよりもずっと、商品写真を魅力的に撮れるはずです。

そこで、あなたの商品知識を使って、ぜひ写真を撮ってみて下さい。

ただし、1つだけ問題が。

他の業務もたくさんあって忙しいから撮影に時間をかけられない。

サクサク終わらせたいのに、なかなか良い写真が撮れない。

そう、自分で写真を撮ると時間がかかるんです。

そこで!

できるだけ低予算で、短時間に、プロ並みの素晴らしい写真を、
サクサク撮れるようになったら。

いいな、と思いませんか?

じつは、先ほどご紹介した一流カメラマン高崎先生が

こっそり公開している、ここだけの商品撮影のコツがあります。

じつは、セミナーにわざわざ行かなくても、
自宅でDVDで学べる内容です。

お試し映像をご覧になるには今すぐこちら。

 

正しいライティングの方法や、カメラの設定、
売れる商品写真に必要な要素など。

インターネットや本で独学すると、なかなか大変な内容も、
映像ならサクッと身につけられます。

ちょっとした撮影の知識と、コツさえ知っていれば、
カンタンに商品を魅力的に撮影できます。

これなら、パソコンやテレビがあれば、スキマ時間を有効活用して、
マイペースに学べます。

難しいカメラの専門用語を覚える必要もありません。

【映像を見て】、【設定を真似して】、【撮影する】
という簡単3ステップ。

とっても、ラクラクな上達法です。

しかも、この先ず~っと無料で、プロ並みの写真が撮れます。

これは、大きなコスト削減になりますよね。

今すぐ、商品写真を“魅力的”な写真に変えて、
お店の売上アップに役立ててみませんか?
初心者でもバンバン売れる商品写真が撮れるようになる!【広告写真のプロが教える写真講座】

関連記事

格安航空LCCバニラエアで行きたい3つのおすすめ旅行先!!

広島観光には、ウサギの楽園という呼び名を持つ大久野島へ行こう!

僕がおすすめするマレーシアのクアラルンプールの観光地ベスト3!

シェムリアップ5日間滞在記録!バックパッカーに超オススメ!!

ぼくが旅にはまった1つのシンプルな理由!

バンコクに行ったのは3年前だけどいまだ心に残る2つの思い出