【グルメ旅】メルボルンでもう一度行きたくなる美味しい5つのレストラン

どうも、メルボルンに滞在していたげん(@inkoinko666)です。

 

メルボルンでは、滞在期間中のほとんどを図書館で過ごしていました。でもね、メルボルンは都会なので以前住んでいたタリーという街よりも美味しいレストランがたくさんあるんですよ。

 

そのレストランの中で、もう一度行きたくなる美味しいレストランを5つほどリストアップしました。メルボルンで美味しいグルメ旅をしたいあなたは、是非ともご覧ください。

 

⑴ ホットチョコレートに涙した「KOKO BLACK」

 

 

  • ホットチョコレートは7ドルもしたけど、7ドル分の価値があった。
  • 人生で1番美味しかったホットチョコレート。
  • 一口サイズのチョコレートは、1個2.5ドル。
  • チョコレートのお土産も充実してた。
  • 客層もスーツを着ている人が多かった。

 

KOKO BLACK

住所:Royal Arcade, 4/335 Bourke St, Melbourne VIC 3000

営業時間:

月〜木曜日 9時30分~17時30分

金曜日 9時30分~19時00分

土曜日 9時30分~18時00分

日曜日 10時30分~18時00分

 

⑵ 店内はオシャレな雰囲気のバスク料理レストラン「Naked For Saton」

 

 

  • カウンターにあるピンチョスを選んで、飲みながら食べるお店。
  • ピンチョスが50〜80セントなので、ご飯代が安い。
  • 食べ物のお会計は、ピンチョスに刺さっているつまようじを容器に入れて採算する。
  • ただし、その分お酒が高い。赤のボトルで48ドルほど。
  • 物価が高いメルボルンでは、大変有難いお店。
  • 屋上には街を360度見渡せるルーフトップがあり、フィツロイの夜景を見渡せる。

 

Naked For Satan

住所:285 Brunswick St, Fitzroy VIC 3065

営業時間:

月〜金曜日 8時00分~18時00分

土曜日 10時00分~16時00分

日曜日 12時00分~16時00分

 

⑶ オーストラリア伝統料理に感動した「RMB CAFE BAR」

 

 

  • 深夜も食事可能なお店。
  • コーヒーもビール(ジョッキはなかった)も飲める。
  • 「Chikin Parmigiana」と呼ばれるオーストラリアの伝統料理が食べれる。
  • 野生やポテトとお肉があって、ボリユーミーなフードでした。

 

RMB CAFE BAR

住所:37 Degraves St, Melbourne VIC 3000

営業時間:

毎日 7時30分~21時00分

 

⑷ 日本を題材にしたBAR「Asian Beer Cafe」

 

  • ヴィクトリア州立図書館の近くからすぐに行けます。
  • 入場には、パスポートなどの身分証明書が必要です。
  • ハッピーアワーが17〜20時の時はビアジャグが9ドルで飲めました。
  • 友達と行ったら楽しいと思います。
  • ご飯は食べていないので、わからないです。
  • でも、他のお客さんが食べている料理は美味しそうでした。

 

Asian Beer Cafe

住所:211 La Trobe St, Melbourne VIC 3000(Melbourne Centralの最上階にあった)

営業時間:

毎日 11時00分~1時00分

 

⑸ へービーユーザーになってた「UDONYASAN」

 

 

  • 貧乏ワーホリにささげるお店No.1のうどんやさん。
  • かけうどんがわずか5ドル。
  • トッピングの天かすとねぎを振りまくれば、ボリューミーになる。
  • メルボルン市内には2店舗ありました。
  • 二日酔いにうどんのスープは体にしみる。

 

① Udon Yasan

住所:186 Bourke St, Melbourne VIC 3000

営業時間:

日〜木曜日 11時00分~22時00分

金〜土曜日 11時00分~23時30分

②Udon Yasan

住所:187 Elizabeth St, Melbourne VIC 3000

営業時間:

毎日 11時00分~21時30分

 

メルボルンでもう一度行きたくなる5つのレストラン まとめ

 

いかがでしたか? メルボルン観光の際に、お腹が空いたら是非とも立ち寄ってください。

 

世界最大の旅行サイト【トリップアドバイザー】なら、こちらで紹介したレストラン情報よりも詳しい詳細が知れたり、付近の観光情報やオススメホテル情報もわかります。こちらのサイトを参考にすれば、メルボルン観光が有意義になること間違いなしです。

 

それでは、またまた〜

 

合わせて読んでほしい関連記事

メルボルンでノマド作業が捗る図書館

どうも、メルボルンに19日間滞在していたげん(@inkoinko666)です。 ブロガーなら海外にいてもネットで作業がしたい!と思...

メルボルン通信

どうも、ただいまメルボルンに住んでいるげん(@inkoinko666)です、 僕はTwitterを使って、ほぼ毎日【メルボルン通信...

タリーで本当に美味しいレストランBEST5

こんにちは、タリーに住んで8ヶ月目のげん(@inkoinko666)です。 「Tullyのブログネタがないな!」 と...

 

The following two tabs change content below.

げん

インコ大好きフォトグラファー。 社畜から野生のインコの写真を撮るためにオーストラリアでワーホリ中。帰国後はフリーランスフォトグラファーになるので現在カメラの修行をしています。 ■詳しいプロフィールはコチラ ■初訪問の方へ:最初に読んでほしい5記事 ■お問い合わせはSNSからどうぞ。■ プライベート写真集人物写真作品集のフォローもよろしくお願いします。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

フィリピン留学中に自分の誕生日を祝って貰える方法を教えよう

バナナファームで働いている僕がバナナ=人生だと確信した理由

実際に訪れたメルボルンのインスタ映えフォトスポット10選

【海外ノマド向け】メルボルン生活と観光がわかるメルボルン通信

タリーでバスキングでやるカラースプレーアートの修行デビュー

【ワーホリブロガー必見】本当は教えたくないタリー6つのWIFIスポット