ワーホリに行くならメガネは2個以上持て!格安メガネJINSならね

どうも、オーストラリアワーキングホリデーでメガネを3個持って行ったげん(@inkoinko666)です。

 

 

けども、

ワーホリに行った時にメガネを1個しか持っていないとリスクしかありませんよ!

 

メガネ1個だけのリスクは下記のの通りです!

 

・朝起きたら、メガネがなく探している時にベットの足に左足の小指をぶつける。

・バナナファームでメガネが汚れる。

・楽しい飲み会の後に、メガネが破損して意気消沈して、就寝する。

 

といったリスク(実話)があります。

 

この問題を解決する方法は、たった1つだけです。

 

メガネを2個以上所有するべきです。新たなメガネを作るべきなのです。

格安メガネJINSなら安くてお洒落な高機能メガネが手に入ります。

格安メガネJINSとは?

 

  • ブルーライトメガネやサングラススイッチメガネなどの高機能メガネを販売している。
  • 様々なコラボレーションメガネが存在する。
  • JINSのレンズはどの薄さでも追加費用は0円。
  • わずか、1万円以内でお洒落なメガネが購入できる。

 

が個人的なオススメポイントです。JINSの他にもzoffも格安メガネなのですが、個人的にJINSのメガネが僕の活動範囲に近かったので愛用しています。

 

JINSの公式ホームページ

 

メガネを2個以上持つことで仕事用とプライベート用メガネとして使い分けができる。

 

「僕が所有するメガネ3兄弟」

 

メガネそれぞれの役割は以下の通りです。(左から順に)

 

  1. 旧プライベート用メガネ(温度によってサングラス仕様になるメガネ。筋トレ中に破損し、現在修理保留中。)
  2. 仕事用メガネ(バナナファームや飲み会の時に使用。)
  3. 現プライベート用メガネ(ブルーレイカットなのでパソコン作業の時には重宝。)

 

こんな感じで僕はメガネの使い分けをしています!

3個持っていった事で、安心してワーホリ生活を満喫できました。

 

あと、プライベート用メガネを色味がある感じにすれば、

「オシャレ」に見えますよ。知らんけども。

 

【結論】ワーホリには、メガネを2個以上持っていくべきだ。

 

 

「メガネ1個だけで十分やろ?」と思っているあなた、

想像して見てください。

 

もし、あなたの付けているメガネを今失うとどうなりますか?

 

 

 

個人によって、視力が違うので何とも言えませんが、僕の場合だと10cm圏内しか見れないので、マジで無力になります。

 

悪いことは言いません。

ワーホリ行くなら、メガネを2個以上作るべきです。

 

もし、眼科の処方箋や以前のメガネのレンズのデータが手元にあるならJIN’s オンラインショップで簡単に注文できます。時間がない方は、こちらを利用すればお手軽に新しいメガネが購入できます。

 

以上、ワーホリの教訓でした。

 

>>ワーホリでは、保険を持って行こう!

>>オーストラリアワーホリ生活で必要な物

 

 

それでは、またまた〜

 

JINSのオンラインショップはこちら↓



オススメ、レンズクリーニング商品(スマホ、カメラでも使える)

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【ワーホリ準備編】海外旅行保険はオーダーメイドで組んだ方がスーパーお得!

バナナファームで働いている僕がバナナ=人生だと確信した理由

良き友達にも恵まれたパース生活と観光がわかるパース通信

【フリーターに告ぐ】バナナファームで働いた方が100倍ましだ

スプレーアート初心者が技術を習得する為にやった具体的な練習方法

【タリーローカル情報】全裸スポットのマウントタイソンに登った