国内初の医療系ICO「メディカルビット」の買い方と購入した4つの理由

仮想通貨投資をバリバリやっているげん(@inkoinko666)です。

 

何事も投資するに辺り、「どうしたら、利益が上がるのか?」という事を考えています。

2017年の1月のビットコインの価格は10万円ほど。そこから、2018年の元旦まで16倍以上の価値がになりました。。

 

この時にビットコインを買っていた人はかなり利益が上がってますし、それ以前に買っていた人は億万長者でしょう。

 

これに共通するのは、「価格が低い時に大量に購入した!」この一点につきます。

 

ということは、現段階で将来有望な仮想通貨を見つけて投資すれば儲かるじゃん!

 

ってことで国内初の医療系ICO”MedicalBitcoin “ことメディカルビットを購入しました。

 


ちなみに、ICOというのは以下の意味であります。

 

 

正直、ICOは詐欺みたいな話が多いので、今回この記事なぜ僕が購入た理由も紹介させていただきすね。

 

国内初の医療系ICO”MedicalBitcoin(メディカルビット)”とは?

 

 

公式サイト

 

MedicalBitcoin(メディカルビット)の概要(ホームページから引用)

 

現在、医療業界はブロックチェーン技術の登場により、革命的な進化を遂げようとしています。

ブロックチェーン上でカルテを管理することで紛失や改ざんを防ぎ、患者のプライバシーやセキュリティーに優れています。スマートコンストラクトによって病院や薬局間などの情報交換も簡素化され、コストが大幅に削減できます。

この可能性に欧米などあらゆる医療関係者が注目しています。

 

当社の電子カルテシステム「iMedsn」は、すでに患者のカルテ情報や医療情報、最新医薬品情報をシームレスに連携し参照できる機能を搭載しています。

 

さらにブロックチェーンを取り入れることによって、あらゆる煩雑な手続きやデータ処理を簡素化することや、患者にコインなどの仮想通貨を利用することで利便性やポイントインセンティブを付与するなどの新しい価値を与えることが可能になります。

 

ブロックチェーンによって守られた患者の診断・処方データは専門医の最先端の知識と結合して「医療における知の集積」となります。

 

これはもう一つの革新である「AI技術」へ応用することができます。iMedsnにAI技術を搭載することで、例えば患者の胃癌の画像データを大量に読み込むことによって自己学習させたり、それにより高精度な所見、最適な処方をサジェストすることなどが可能になります。

当社はこれらを実現する技術について15件の特許を出願しており、現時点ですでに3件の特許が成立しております。(詳しくはホームページをご参照ください

 

私たちは日本において「医療における知の集積」を行い、その実績をアジア、そして世界の医療へ展開してゆくことを目指しています。

 

詳細は公式サイト内に日本語の情報、ホワイトペーパーがありますのでそちらを見ればより理解できます。

 

ホワイトペーパー

 

 

僕がメディカルビットを購入した4つの理由

 

ホワイトペーパーをじっくり読んで、このICOは買いだなぁと思った4つの理由は以下の通りです。

 

⑴ 経営陣がしっかりしている

 

 

ホワイトペーパーから抜粋しましたが、経営陣が本当にしっかりしている。

経営陣のメンバーの皆さんは、ちゃんと大学出てしっかりと働いて、その会社の偉いポジションを勤めた人ばかりです。

 

見る限りでは、技術的なメンバーなので、これは期待できるなと思いました。

 

⑵ 今後いろんな取引所でメディカルビットコインは上場される。

 

 

こちらもホワイトペーパーから抜粋したICOスケジュールです。

 

現在、メディカルビットは予約販売中です。2018年1月15日の10時からトークンプレセールが開催されます。予約販売中に購入すれば、お得なレートでメディカルビットが購入できます。詳しくは、次の買い方をご参照ください。

 

2018年5月、7月、9月にメディカルビットは海外の取引所で販売され、2018年の11月には国内の取引所で販売されます。

 

取引所に上場すれば、たくさんの人にメディカルビットを見てもられるので今の価値よりもより上がっていくはずです。

 

⑶ 既存のシステムはすでに完成している

 

iMedsnの健康を協力にサポートするアプリは既に完成しています。

 

アプリはiOSのみあります。

 

 

 

 

既存のアプリにブロックチェーンの技術を用いて、患者さんの健康をさらに強力にサポートしてくれるでしょう!

 

⑷ ICOの資金調達の使い道が明確です。

 

ICOの資金調達によって、

  1. 新世代クラウド型電子カルテ(iMedsn電子カルテ)のさらなるブラッシュアップする。
  2. 医療AIを自社開発し、iMedsn電子カルテに組み込んで「医療の知の集積」を作る。
  3. 医療用データのデータベースとしてブロックチェーン技術を用いた堅牢なプラットフォーム開発することで、情報の漏洩および改善を防ぐ。

 

以下の開発に資金が使われるみたいだ。非常に理にかなった開発内容だったのでこれは信頼できると思った。

 

猿でもわかるMedicalBit(メディカルビット)の買い方

 

 

次の4ステップで購入できます

 

  1. 緑色のMBCトークン予約をクリック。
  2. 自分のメールアドレスを入力。
  3. 登録が完了すると、メールが届くのでそこに記載されているBTCまたはETHアドレスに指定金額を送金する。
  4. 完了メールを待つ。(僕は24時間以内にメールが来ました。)

BTC,ETHに対する現在のMBCトークンのレートは以下の通りです。

 

0.10BTC=1350MBC(0.10BTC単位での購入)
2.00ETH=1350MBC(2.00ETH単位での購入)

 

※レートは適宜変更いたしますので、その時点でのHPの記載をご確認ください。

 

さらに、2018年の1月15日まで予約期間中は特別なレートでMBCトークンを予約購入できます。

申し込みの際に、紹介者コード(P0001134f8eをご入力いただいている場合最大の30%のMBCトークンをボーナスとしてプレゼントいたします。

 

ただし、紹介者コードが未入力だと25%になります。

 


販売店カードは未入力で大丈夫でした。

 

また、紹介者には紹介された人が購入した10%に当たるMBCトークンをプレゼントされます。 

 

紹介者コード:P0000888de3

 

気になるMBCトークン受取の流れ

 

以下の3ステップでMBCトークンが入手できます。

 

  1. MBCトークンの配布は2018年1月15日に行う予定。
  2. それまでにMyEtheWalletのアドレスを準備しておく。
  3. メールを待つ。

 

トークンをもらうためには、MyEtherWalletもしくはERC20対応のwalletの送金先アドレスが必要となりますので、まだアドレスをお持ちでない方は取得しましょう。

 

MyEtherWalletの取得はこちら
URL : https://www.myetherwallet.com

MyEtherWalletの作成方法について参考サイト
URL : http://coinpost.jp/?p=3830

 

MBCトークンの納品につきましては2018年1月10日頃に改めてメールでご連絡があるとのことでした。

 

2018年1月10日に連絡がきましたが、納品時期が本年度の6月頃を予定しているとのこと。

 

届いたメッセージは以下の通りになります。

 

平素はMBCトークンによるICOにご支援賜り誠にありがとうございます。
さて、昨年12月に金融庁よりICOに関する法的解釈の明確化に関する指針が発表され、ICOによるコインも仮想通貨と見なされることが明確になりました。これによりまして、原則、全てのICOは仮想通貨交換事業者でなければ取扱ができないという見解が成立いたします。
当社は日本の医療情報基盤の構築とそれによる医療の質の向上、医療費の削減をその事業目的としております。その為に、MBCも医療貢献マイニング、健康行動マイニングなど、医療の質の向上に貢献する、健康行動を取ると言ったことでマイニングがされる仕組みとする予定でございます。(特許出願準備中)また、MBCは健康維持・医療分野の様々なシーンで利用できるものとして行きたいと考えております。
そこで、日本国の法令の下、MBCによりこれらの事を実現する為には、仮想通貨交換事業者の登録を行うことが適当であると判断いたしました。(他ICO案件のほとんどはこのような判断をしておりませんが、当社独自の判断によるものです。)
以上のことから、当社は関東財務局に対し仮想通貨交換事業者の登録申請を行うことにいたしました。これにより、MBCは取引所とは別に当社自体が他通貨及び他仮想通貨との交換業務を行うことが可能となる予定です。
従いまして、MBCトークンの納品につきましてはその登録申請の状況を鑑み、時期を変更するとことといたしました。目処といたしましては本年6月頃を予定しております。
購入者の皆様には誠に申し訳ございませんが、これらの事からICOスケジュールの一部見直しを行います。
当社は当局の指導のもと、王道のICOを実施して参りますので引き続きご支援のほどよろしくお願い申し上げます。
なお、予約販売は継続いたします。レート発行条件等は適宜更新いたします。

 

MedicalBitcoin(メディカルビット)のプレセールは2018年1月15日から

 

いかがでしたか?

 

ICOは本当に詐欺が多いみたいなので、こういった情報をちゃんと公開してくれた信頼できますね。一番大事なのは、自分でも調べてみること。これが本当に大事ですよ。

 

こんな感じで、今後もちょいとマニアックな仮想通貨を紹介していきます。

 

ですが、投資は自己責任ということは忘れずに

 

どうも、仮想通貨投資にはまっているげん(@inkoinko666)です。 仮想通貨の存在自体を知ったのは、今年の2月で初めて仮想通...

 

 

それでは、またまた〜

 

メディカルビットの公式サイト

 

メディカルビットのホワイトペーパー

 

予約購入する時は、紹介者コード:P0000888de3 を忘れずに!

 

The following two tabs change content below.

げん

インコ大好きフォトグラファー。 社畜から野生のインコの写真を撮るためにオーストラリアでワーホリ中。帰国後はフリーランスフォトグラファーになるので現在カメラの修行をしています。 ■詳しいプロフィールはコチラ ■初訪問の方へ:最初に読んでほしい5記事 ■お問い合わせはSNSからどうぞ。■ プライベート写真集人物写真作品集のフォローもよろしくお願いします。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

いま1番大好きな漫画「マテリアル・パズル」を広めたい

流行りのAmazon欲しい物リストを作ってみたので公開します!

受け取りアドレスを間違えて2万円分のビットコインが消えた話

【2017年度版】僕が保有する仮想通貨銘柄ポートフォリオ集

【デュエルリンクス】海外で日本語版をダウンロードできるセカイVPN

フレンドファンティング「polca」を利用してわかった5つのメリット