海外でも無料で読める漫画アプリ『マンガワン』で素敵なマンガライフを

どうも、漫画は人生の教本だと思っているげん(@inkoinko666)です。

 

今回は数多くある漫画無料アプリの中で唯一僕が携帯のスマホに入れている漫画アプリを紹介します。そのアプリと言うのは、「マンガワン」です。

 

マンガワンのホームページから参照】

 

  • 1200万ダウンロード突破
  • 曜日毎に漫画のジャンルが別れている
  • 小学館発のコミックアプリ
  • 裏サンデーのオリジナル作品
  • 小学館から刊行された新旧の名作作品が読めます
  • アプリは無料。(マンガを沢山見るのには、課金が必要。)

 

マンガワン
マンガワン
開発元:SHOGAKUKAN INC.
無料
posted with アプリーチ

 

今回こちらの記事では、マンガワンの仕組みと僕オススメの漫画と海外で使う時の注意点を記事化しました。それでは、ご覧ください。

 

マンガワンの閲覧システムは時間制からライフ制に変わりました。

 

マンガワンのホームページから参照】

 

2017年の12月1日にアプリがアップデートされました。

 

 

時間制からライフ制に変わりました。

前までは、10分以内に6〜8話見ていたのですが、この変更によって一度に4話しか見れなくなりました。

 

9 時と21時にライフは回復するので、1日読める回数は8話しかありません。

 

でも、その分時間制がなくなった事で1つの話をより深く読めるという利点はありますが。。。

 

 

僕は時間制の方がよかったな!

 

でも、

 

つい、この漫画の続きが読みたくなったら課金したら読めます。

 

 

こんな風にね。 また、対象のアプリをダウンロードしたり、有料会員に登録したらリターンとしてSP時間が貰えます。

 

 

これを利用すれば1日9話は見れますね〜

 

僕がオススメするマンガワンの漫画です。

 

昔、マギという漫画を集めていたし、アニメを見てたのでよく見ます。これを見れば、マギという漫画がより楽しめる。

WEB系のバトル漫画はデスゲーム的な漫画が多いのですが、こちらの漫画は頭脳を使って賢いバトル系の漫画になって今す。終わりが全く予想できないので、今後の展開が楽しみです。

マンガワンで毎日更新されているので、毎日読んでます。絵が綺麗。 リマスター版なので、通常盤と話やら構成やら変わっています。

 

作者の土塚理弘さんが好きなので読み始めました。武器漫画なので、男の子が大好きな漫画です。

海外でマンガワンを利用する時の注意点

 

実際に僕が、このマンガワンのアプリをよく利用することになったのはオーストラリアに来た時からです。

 

なぜなら、上記のマンガがアプリを使っても見れなかったからです。

 

ネットで検索しても、原因がわからなかったのでマンガワンのお問い合わせページより連絡しました。

 

 

上記のメールより

 

海外のネットワークを経由してインストールされた場合は、海外版となり一部作品・バナーの公開が限定されています。

日本版に変更すると、未読・既読に関わらずにご購入毎にアイテムが必要になります。(特に、マンガワンでマンガを読む人は関係があると思いますが、僕みたいな場合は10分以内で読めるので特にアイテムの必要はありません。)

 

日本版に変更する方法は、アプリ内お問い合わせフォームよりご連絡していただき、マンガワン運営事務局様からのメールが来た後に、端末を再起動したら日本版へ変更されています。

 

マンガワンを使ってみよう

 

漫画アプリ「マンガワン」はどうでしたか?

 

外出中でも、このアプリを使えば、隙間時間にさらっと読めますし、海外からでも日本の漫画が恋しくなったら、いつでも読めますよ〜。

 

アプリのダウンロードは下記のリンクより

 

マンガワン 人気漫画が毎日更新!!無料漫画アプリ iOS

マンガワン 人気漫画が毎日更新!!無料漫画アプリ android

 

それでは、またまた〜

 

合わせ読んでほしい関連リンク集

 

僕が1番好きな漫画「マテリアルパズル」について

どうも、漫画も好きなげん(@inkoinko666)です。 いつもなら記事を書く時にSEOやCVを考えて書くのですが、今回はそれを...

2017年に購入したKindle本について

どうも、オーストラリアでワーキングホリデーをしているげん(@inkoinko666)です。 日本にいた頃は、当たり前の様に紙の本を...
The following two tabs change content below.

げん

インコ大好きフォトグラファー。 社畜から野生のインコの写真を撮るためにオーストラリアでワーホリ中。帰国後はフリーランスフォトグラファーになるので現在カメラの修行をしています。 ■詳しいプロフィールはコチラ ■初訪問の方へ:最初に読んでほしい5記事 ■お問い合わせはSNSからどうぞ。■ プライベート写真集人物写真作品集のフォローもよろしくお願いします。

関連記事

フレンドファンティング「polca」を利用してわかった5つのメリット

携帯の電波が届かない田舎にいる時に記事が読めるアプリ『Pocket』

流行りのAmazon欲しい物リストを作ってみたので公開します!

受け取りアドレスを間違えて2万円分のビットコインが消えた話

国内初の医療系ICO「メディカルビット」の買い方と購入した4つの理由

海外送金なら圧倒的に安い「TransferWise」の使い方