趣味を仕事にしてみたインコ大好きフォトグラファーの頭の中は

どうも、インコ大好きフォトグラファーのげん(@inkoinko666)です。

 

【盛り上がった金曜日はこんな感じ。】

 

 

先日、僕が尊敬するフォトグラファーの1人である、保井崇志(ヤスイタカシ)さんの「フリーランスフォトグラファーの教科書」という記事をみました。

 

全部見るのは、有料ですがほぼ全て無料で読めます。フリーランスフォトグラファーになるなら必見ですよ。

 

その記事の中で、こんな文章がありました。

 

売れる状態にすること、その最大の仕事がブランディングになります。

「ブランディング」ときくと、なんか格好つけないといけないのかな、とか考えちゃいますよね。でも、ブランディングって変に格好つけるとかではなく、「選ばれる必然」をつくることなんです。

いくら魅力的なWebサイトであっても、クライアントにあなたを選ぶ必然がなければ仕事は来ません。「選ばれる必然」とは他の多くのフォトグラファーとの違いとなるもの、独自性です。あなたの独自性とはなんなのか?

それを知るために一番手っ取り早いのは、あなた自身の特集記事を書いてみることです。一般紙とか、まあなんでも良いんですけど例えば日経新聞の記者になったつもりで、じぶんに取材してみましょう。

 

 

ということで、今回自分にインタビューして、自分のフォトグラファーとしての独自性は何なのか?、どこが違うのか?という事を徹底インタビューした記事になります。

 

写真撮影依頼をいただく前に、ぜひこの記事を読んで下さい・

 

 

インコ大好きフォトグラファーな自分にインタビューしてみた

 

登場人物紹介

 

インタビュアー

インタビュアー
こちらがインタビューする方の自分です。

 

カメラマン元

カメラマン元
そして、こちらがインタビューに答える方の自分です

 

 

インタビュアー

インタビュアー
始めまして。元さん、今日はよろしくおねがします。
カメラマン元

カメラマン元
人生初めてのインタビューでメッチャ緊張していますが、よろしくね元さん。

 

写真を撮っている時が最高に楽しいから仕事にしたら最高じゃん

 

【I CAN GO.  I CAN GO. I STILL CAN GO.】

 

 

インタビュアー

インタビュアー
早速、インタビューしていきますね。「なぜ、げんさんはフォトグラファーになろうと思ったのですか?」エピソードもあれば、詳しく教えてください。

 

カメラマン元

カメラマン元
そうですね 。まずは、カメラを初めた経緯から 話していきますね。2014年の10月に奈良の東大寺に友達と観光しに行ったんですよ。その時に友達が「げんさん、旅行が趣味やったらカメラで写真撮ったら楽しいですよ!」と言ってたんですよ。

 

インタビュアー

インタビュアー
もしや、その一言でカメラを始めたのですか?

 

カメラマン元

カメラマン元
はい、そうです。家に帰ったら、すぐにパソコンの画面を開いてカメラについて調べましたね。その年の年末旅行の「八重山諸島島めぐり旅」で一眼レフカメラをデビューしました。本当に色んな思い出が撮れました。

 


インタビュアー

インタビュアー
カメラをやり始めてから、どんな感情の変化があったのですか?

 

カメラマン元

カメラマン元
最初は、カメラで写真を撮るのが楽しいという気持ちから、徐々に撮った人たちを喜ばしたい、他の人から写真うまいねと褒められたいという気持ちになりました。

 

インタビュアー

インタビュアー
その結果どうなりましたか?

 

カメラマン元

カメラマン元
人を喜ばすことができて、それで自分が楽しいのなら、これを仕事にしたら人生楽しくなるんじゃないかな!と思って2016年3月末から、土日の時間を使ってイベントに特化した週末イベントカメラマンをやりました。それが、僕のフォトグラファーとしてのスタートです。

 

試行錯誤を繰り返しながら少しずつフォトグラファーの道が見えてきた

 

ブログ用 写真素材写真として撮影 この写真を含めて、計3シーンの写真を撮影しましたがかかった時間は1時間。 「あーでもない」「こーでもない」と試行錯誤して撮った至高の一枚。 タイトル「標準と広角」「レンズず」「ザレンズ」 どれがいいでしょうか? #カメラ好きな人と繋がりたい #写真撮ってる人と繋がりたい #カメラ男子 #ファインダー越しの私の世界 #写真好きな人と繋がりたい #一眼レフ #instagram #instagood #instagramjapan #心のファインダーであるがままに #素材写真 #写真素材 #ニコン #profoto #japanphotographer #stockholmphotographer #strobist #theworldismystudio #profotoquest #ストロビスト #撮影 #d750 #tamlon #nikon #lenz #素材 #material #detail #photo #デザイン

西島本元 / オーストラリアワーホリブロガーさん(@gengen625)がシェアした投稿 –


インタビュアー

インタビュアー
ぶっちゃけ、フォトグラファーになってどうでしたか?

 

カメラマン元

カメラマン元
そうですね 。試行錯誤を繰り返しながら、少しづつですがフリーランスフォトグラファーの道が開きつつあります。

 

インタビュアー

インタビュアー
ほぉ〜どんな困難がありましたか?

 

カメラマン元

カメラマン元
週末イベントカメラマンを始めたは最初の一ヶ月は撮影とかも恵めれていたのですが、それ以降撮影依頼が全然なかったっす。

 

インタビュアー

インタビュアー
それは、何が原因だったのでしょうか?

 

カメラマン元

カメラマン元
原因は3点ありますね。

①撮影料金を決めていなかった。

②カメラの実力不足。

③情報発信をしていなかった。

 

インタビュアー

インタビュアー
これは、興味深い内容ですね。1つずつ説明をお願いします。

 

カメラマン元

カメラマン元
①撮影料金を決めていなかったのは、依頼してくれる人によって、撮影内容が違うので撮影料金を決めていなかったんですよ。それが駄目でしたね。一般的な撮影案件に対して、基準となる撮影料金を決めとけば良かったです。撮影の料金設定って本当に大事だなと身にしみてわかりました。

 

 

インタビュアー

インタビュアー
それは、本当に大事ですね!その後、どう改善しましたか?

 

カメラマン元

カメラマン元
今はやっておりませんが、50円カメラマンという撮影企画で40件近くの撮影をお金をもらってやりました。趣味でやったカメラが、お金をもらって色んな撮影案件を経験したことが何よりの財産です。今は、帰国してからのカメラ撮影料金について悩んでいます。

 

え、なぜ「元」かって? なぜなら、4月末に一部の撮影案件を残して、50円カメラマンとしての活動を終了いたしました。...

 

インタビュアー

インタビュアー
撮影料金の設定って本当に難しいですね。僕もわかります。それでは、次のカメラの実力不足をどうぞ!

 

カメラマン元

カメラマン元
②カメラの実力不足は、カメラの性能とレンズ、加工ソフトに頼りすぎて、基本的なテクニックができていなかった。その中でも、僕はピンボケが酷かったですね。たまに、写真整理で昔の写真を見るのですがピンボケが酷すぎて自分でも「これは、ひどい!」と爆笑して、消してます。

 

インタビュアー

インタビュアー
それは、ひどいですね笑 そこから、どうしましたか?

 

カメラマン元

カメラマン元
自分のカメラの事を徹底的に勉強しました。カメラの機能を知る事でこんな機能があったのかっていう新しい発見に繋がりましたし、ネットで調べた撮影テクニックを実際の撮影で使用して技術をモノにしてカメラ技術を高めました。

 

いきなりですが、カメラマンは写真を撮影した後に以下の作業があるんですが、これが物凄く大事なんですよ。 使える写...

 

インタビュアー

インタビュアー
そこから、周りの反応とか変わりましたか?

 

カメラマン元

カメラマン元
単純にカメラ上手くなったね!ってたまに褒めらるようになりました。でも、僕的にギャフンと言わしたい人達はたくさんいるので、みんなギャフンと言わすのを目標にしています。まだまだ頑張ります。

 

インタビュアー

インタビュアー
いいですね!それでは、最後の原因をお願いします。

 

カメラマン元

カメラマン元
③情報発信をしていなかったのは、WEBサイト(全人類インコ飼計画とは別のサイト)で撮影内容を報告していたけど、撮影案件がなさすぎて、一ヶ月に一回の更新しかしておりませんでした。その頃はTwitterやInstagramdwも積極的に発信していませんでしたしね。

 

 

インタビュアー

インタビュアー
現在はどのように改善されていますか?

 

カメラマン元

カメラマン元
現在は、Twitter及びInstagramのアカウント2つ、ブログを使って積極的に情報発信しております。50円カメラマンをやった事で、ある程度ブロガー界隈では名前を知られているとの事なので、オーストラリアにいても積極的に情報発信していきます。

 

 

専門性よりも総合的に色んな写真を撮れるようになりたい

 

アカオクロオウム 日本だったら300万円で買える! よく、僕はアカフクロオウムと間違えてしまうw 優しい顔をしています! #一眼レフ #カメラ好きな人と繋がりたい #写真撮ってる人と繋がりたい #ファインダー越しの私の世界 #写真好きな人と繋がりたい #カメラ男子 #カメラ散歩 #心のファインダーであるがままに #インコ #ふわもこ #instadaily #愛鳥 #インコスタグラム #ペット #animal #lovebird #オウム #animalface #animalland #アニマルランド #うるおいインコ #wildanimal #ケアンズ #instagood #australiaday #instagramer #australiagram #ワーホリ #海外生活 #ワーキングホリデー

西島本元 / オーストラリアワーホリブロガーさん(@gengen625)がシェアした投稿 –

インタビュアー

インタビュアー
ちなみに、元さんはどんな写真を撮っていますか?

 

カメラマン元

カメラマン元
インスタグラムのアカウントを2つ見てもらえばわかりやすいんですが色んな写真を撮っています。大好きなインコの写真を撮ったり、ポートレート写真を撮ったり、オーストラリアワーホリ生活の思い出を撮ったりしています。

 

インタビュアー

インタビュアー
色んな写真を撮る理由とかあるのですか?

 

カメラマン元

カメラマン元
経験として色んな写真が撮りたいですね 。撮影する被写体によって、カメラの設定や撮り方が変わりますし、撮るたびにこんな発見があるのかと楽しみながら撮っています。

 

インタビュアー

インタビュアー
なるほどなるほど!最近はどんな新しい撮影をしましたか?

 

カメラマン元

カメラマン元
天体撮影とナイトクラブでの撮影ですね。天体撮影は、ネットの記事を参考にすれば、簡単に撮れました。ナイトクラブはなかなか撮影テクニックの記事がなかったので、情報集めは苦戦しましたが、ストロボの設定を変えたら撮れるよ雨になりました。ネットは、なんでも知っているから本当にありがたいです。

 

コンセプトは一瞬の生きた証

 

インタビュアー

インタビュアー
写真のコンセプトとか決めていますか?

 

カメラマン元

カメラマン元
特にないですが、一瞬の生きた証を撮るのがコンセプトですね。

 

インタビュアー

インタビュアー
「一瞬の生きた証」とは、ズバリなんでしょうか?

 

カメラマン元

カメラマン元
その時、その場でしか撮れない感情を撮るってことですかね。簡単に言えば、そこでしか撮れない一瞬の笑顔を撮ることですね。動物でしたら、いかにも野生にいてる様な動物の写真を撮ることかな。素の瞬間こそ美しいと思っているので。

 

インタビュアー

インタビュアー
素晴らしいですね!これは、秘密かもしれないけど笑顔にする秘訣とかありますか?

 

カメラマン元

カメラマン元
聞いてきますね笑 男性の場合でしたら、好きな女性の名前を連呼してください!って言ったら、皆さん恥ずかしながらもいい笑顔になりますね。女性の場合は、最初表情が硬い方が多いので、撮影しながらモデル気分にしたり褒めたりして、徐々に表情を柔らかくしていけば自然と良い表情になりますよ。
ぜひ、写真撮る時の参考にして下さい!

 

 チヤホヤされるいい男になりたい

 

【自撮りって結構難しいんだね!】

 

インタビュアー

インタビュアー
写真を撮っていく中でどうなりたいですか?

 

カメラマン元

カメラマン元
シンプルに言うと良い男になりたいかな。

 

インタビュアー

インタビュアー
シンプルでわかりやすいですが、具体的にどんな良い男になりたいですか?

 

カメラマン元

カメラマン元
チヤホヤされる男になりたい。

 

インタビュアー

インタビュアー
え、チヤホヤ???どいうことですか?

 

カメラマン元

カメラマン元
今よりも他人から関心や評価が高くなりたいですね。世間から見たら、僕は29歳でオーストラリアのワーホリしていて、家庭も持っていなくて自分の好きな様に生きております。でも、心の片隅には「これからどうなるんだろう?」っていう不安がずっとあるんです。

 

インタビュアー

インタビュアー
不安ですか?

 

カメラマン元

カメラマン元
そう、不安です。最近、1人になれる時間が多いので自分とよく対話するのですが、僕の内には不安がありました。人から見たら、結構自信ある様に思われているのですが、少し強がっていますね。元々、気弱というか温厚な性格をしているのでガツガツしていないのもありますが。

 

インタビュアー

インタビュアー
ほぅほぅ!

 

カメラマン元

カメラマン元
この気弱な性格が少なからず、不安の原因かなと考えています。自分に自信をもっとつけていれば、この不安はどんどんなくなっていくはずです。自分でもカメラを撮っている時の自分はまぁまぁ活かしてます。カメラという武器を使って、より自分の評価とか価値を上げていきたいのでチヤホヤされたいです。モテたいですね。はい。

 

独自性はインコ好きな人から絶大なる人気があるフォトグラファー

 

インタビュアー

インタビュアー
そもそもインコ大好きフォトグラファーって何ですか?

 

カメラマン元

カメラマン元
やっと、その質問が来ましたね!待っていました。インコ大好きフォトグラファーっていうのは、その名の通りインコが大好きなフォトグラファーです。

 

インタビュアー

インタビュアー
そのままの意味なんですね。

 

カメラマン元

カメラマン元
これは狙いなんですが、もし僕に撮影を依頼してくれる人は僕の情報を確認して依頼してきます。インコが大好きなんだ!という事前情報を教えるという事で当日依頼者の人も話しやすい雰囲気にします、基本僕もシャイなので、こうゆう会話の隙を作って話しかけやすい雰囲気を作っているんですよ。

 

インタビュアー

インタビュアー
ほぅほぅ!

 

カメラマン元

カメラマン元
あとは、単純にインコ好きな人と友達になりたいですね。正直、インコの方が犬や猫よりも可愛いと思っています。数少ない同士と会った時に感動してテンション上がりますね〜

 

インタビュアー

インタビュアー
元さん落ち着いて下さい。。。

 

カメラマン元

カメラマン元
すみません、インコと聞くと好き好きオーラが出まくってしまって自分でも手がつけられない。それに、インコ大好きフォトグラファーって自分から名乗っている人はいないからですね!言ったもん勝ちです。インコ〜

 

インタビュアー

インタビュアー
はぁぁ。。。

 

カメラマン元

カメラマン元
そして、インコ好きな人がインコ大好きフォトグラファーな僕に写真撮影を依頼してくれるようにします。目指すニーズは、インコ好きな人からの絶大な人気ですね。自分の独自な世界にどんどん巻き込んでいきますよ。

 

未来なんてわからない、けど理想は常に持ってこれからも生きていく

 

【チェキは、1枚2ドルするらしい】

 

インタビュアー

インタビュアー
あ、ありがとうございます。それでは、最後の質問ですが今後の目標とかありますか?

 

カメラマン元

カメラマン元
具体的に言うと、7月に日本に帰国します。帰国したらいっぱいカメラの仕事をもらえる状態にすることです。その為には、残り5ヶ月の中でどうその状態に持っていくのか?ていう事を実践していかなくちゃなりません。今、僕の頭の中にある計画だと下の通りになります。

 

 

インタビュアー

インタビュアー
具体的な目標はありがとうございます。将来的な目標はありますか?

 

カメラマン元

カメラマン元
Wildlife Photographer of the yearという『National History Museum(ロンドン自然史博物館)』とイギリスの公共放送局「BBC」が主催する自然写真コンテストの最高峰でインコの写真で受賞することです。

 

 

カメラマン元

カメラマン元
でも、これからまた新しくたくさんの人たちや機会に恵まれて目標が変わるかもしれません。未来はわからない。けど、自分の理想に向かって突き進んで行きます。

 

自分インタビューを終えての熱い握手(脳内で)

 

【バヌアツ語でモモは、おっぱいという意味らしい!】

 

 

 

インタビュアー

インタビュアー
今回ありがとうございました!元さん

 

カメラマン元

カメラマン元
こちらこそ、ありがとうございました。インタビューされた事がなくて緊張しましたが、自分の熱い想いが言えてとてもよかったよ。

 

インタビュアー

インタビュアー
私もですよ。元さんの熱いインコ好きトークを聞いたら、インコに会いたくなってきましたよ〜。

 

カメラマン元

カメラマン元
鳥カフェでインコさわりに行きます?

 

インタビュアー

インタビュアー
行っちいましょう!

 

カメラマン元

カメラマン元
同士よ!

 

 

 

 

インコ大好きフォトグラファー元さんのInstagramで最新の写真のチェックしよう!

 

プライベートアカウント

 

ポートレートアカウント

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

柿間久留之プロダクション「WEBで逢えたら」 イベントレポート

Youtubeの発信力の魅力って何なのか?中島兄弟にインタビュー

大阪府柏原市にある宝石店で幸せを提供していく「たみお」という男の話

失礼な人の超失礼な言動に対して効果的な対処法はブロック一択である

ワーホリでブログをやるメリットは、これから海外へ行く人への貴重な経験談になるから

《大阪》国際交流イベントで海外への架け橋を作る「セイゴ」と言う男の話