光の力を手に入れた!ワイアレスストロボ撮影が出来るようになった話

元

どうも!カメラマンのげん(@inkoinko666)です。

 

以前、「今年買いたいカメラ機材3選」という記事でで紹介した3機材全部買っちゃいました。ワイアレスストロボは、別のやつになりましたが、今持っている中華ストロボで組み合わせて使えるので、1/8のお値段でワイアレスストロボ撮影が出来るようになりました。

今年は気合い入れて、ネットショップBASEで”Photo to Yell"という50円で写真撮影をするという100円自販機も安い...

今回は、その新しく買った機材を紹介したいと思います。

この記事を読んで欲しい人

  • 更に写真を上手くなりたい人
  • ワイアレスストロボをやりたい人
  • ライティング撮影をしたい人

 

ワイアレスストロボ撮影に憧れていた

 

1年前の1月某日に鶴見緑地公園で、プロカメラマンの撮影イベントが見れるゆるいイベントがありました。

そのカメラマンは、結婚式カメラマンで有名な出野憲司さんです。

 

サイトは下より👇

 

 

その撮影現場で

無線で信号を飛ばして、事前に配置していたストロボと連動さして、凄い綺麗な写真を撮っておりました。

 

※写真はイメージです!

 

いつか、やってみたい撮影だと決め、気が付いたら1年以上経ってました。

 

元

ほんで、先月購入しました。

 

元

光の力を手に入れました!

 

ワイアレスストロボ撮影は、これで出来るようになった

 

Amazonで買ったのが、こちらの商品です。

 

 

キャノン用ですが、Nikonでも使えました。

 

家にワイアレスストロボ撮影がやってきた

 

元

ガサガサ!

 

元

箱は意外としっかりとした作りです。

 

 

元

中身はこちら!

 

  • 説明書(中国語と英語、わからん)
  • RF-603トランシーバ x 2(カメラ側、ストロボ側どちらでも使えます)
  • シャッター接続ケーブル(LS-2.5) (NikonD750では対応していませんでした)

 

それではワイアレスストロボ撮影を準備しましょう

 

元

まずは、トリガーのスイッチをこの状態OFFから

 

 

元

状態ティーレックス(TRX)に変えます

 

 

 

元

このストロボに

 

 

 

元

先にスタンドと合体!

 

 

元

そして、ストロボと合体!

 

 

元

カメラにトリガーも合体!!

 

 

元

これで、準備は完了だ!

 

 

これがワイアレスストロボ撮影だ

 

元

カメラのシャッターボタンを押せば。。。。


元

連動してストロボが光るんですよ。

 

元

これを利用すれば、こんな写真が撮れます。

 

ワイアレスストロボ作品例

 

元

ロコモコ(スポットライト風)

 

 

元

黄昏た男性(右顔面に光を当てている)

 

 

元

心霊写真風男性 (光は下から)
 

 

 

元

顔が白くなった男性(下からの光)

 

 

元

光の力を活かすために、もっと勉強します!

 

ワイアレスストロボ撮影のまとめ

 

この商品を買うことで、安い中華ストロボでも、ワイアレスストロボ撮影が出来ちゃいます。純性は高いので、断然僕はこちらをオススメします。

 

 

綺麗な写真を撮る為には、練習する必要がありますし、もっと光の当て方も勉強しなくちゃなりません。ネットで、そうゆう情報は沢山あるのでこの機会に勉強しょう。

 

ちなみに、ストロボやワイアレストリガーは電池を使うので、長期的に見たら充電電池を買えば断然お得です。

 

 

 

 

それでは、またまたー!!

The following two tabs change content below.

げん

インコ大好きフォトグラファー。 野生のインコの写真を撮るためオーストラリアでワーホリ中。バナナのお仕事でお金を貯めながら、ブロガーをやってます 最近インスタに力を注入中です。プライベートInsta本気Insta作品集のフォローよろしくお願いします。