【トリ充通信016】ケアンズで野生のインコの写真撮影に成功しました

どうも、インコ大好きカメラマンのげん(@inkoinko666)です。

 

現在オーストラリアでワーホリしています。

 

僕がオーストラリアでワーホリしている一番の理由は「野生のインコの写真を撮ること」です。

 

僕は、ずっと海外に行きたいと決めていました。楽しい社畜時代と生まれ育った大阪という環境を離れ、 ...

 

その為、日本からカメラ装備をフルで持って行きました。

 

そのカメラ機材を用いて、こんな写真を撮っていました。

 

こんにちわ、カメラマンのげん(@inkoinko666)です。少し遅れましたが、フィリピンでのカメラ活動について報告します。 ...

 

こんにちは、カメラマンのげん(@inkoinko666)です。前回の記事では、フィリピン留学でのカメラ活動報告を書かせて貰いまし...

 

こんにちは、カメラマンのげん(@inkoinko666)です。現在オーストラリアのタリー(Tully)でワーホリしていますが、 ...

 

そんな僕はケアンズで野生のインコの写真が撮れました。

 

1つの夢が叶いました。

 

今回は、僕の夢の一歩をお届けします。

 

オーストラリアで初めて会った野生のインコは

 

オーストラリアで野生のインコの写真を撮るために僕は入念な準備をしていました。

 

プロインコカメラマン「岡本勇太」さんの報告会でオーストラリアで野生のインコの写真を撮るための情報を手に入れました。

 

4月下旬に個人的に勝手に師匠として崇めているプロインコカメラマンさんの「知らなかったインコのひみつ オーストラリアに野生の姿を追...

 

その情報の元、ゴシキセイガイインコはオーストラリアの都市部でも見れるインコで、花の蜜をご飯にしている習性があります。

 

僕は、前日ケアンズ市内を散歩した時にご飯を食べている花が咲いているポイントを見つけました。

 

元

よし、ここで待ち伏せしよう。

 

元

野生動物の写真を撮るには、「忍耐力」が必要です。僕は、この場所で張り込む覚悟をしていました。

 

〜5分後〜

 

あれ〜( ^ω^ )?

 

野生のゴシキセイガイインコが飛び出してきた。 インコ 花の蜜を食べる習性を逆算して、花の前で待機すること5分。 やってきた。 俺、天才だと思った。 けど、なかなか写真撮るのが難しい。 やっぱ野生はー! #フォトジェニック #旅好きな人と繋がりたい #インコ好きな人と繋がりたい #写真好きな人と繋がりたい #カメラ好きな人と繋がりたい #ファインダー越しの私の世界  #followme #ゴシキセイガイインコ #インコ #instagood #instagramers #australiagram #オーストラリア #travelpic #travelgram #australia #cairns #au #oz #happy #travel #旅人 #旅行 #最高 #海外 #感謝 #beautiful #trip

西島本元 / オーストラリアワーホリブロガーさん(@gengen625)がシェアした投稿 –

何と、僕は

 

野生のゴシキセイガイインコ達にすぐに会えました。

 

思わず

 

 

元

インコちゃん!

 

と日本語で叫んでしまいました。

 

(ここが、オーストラリアで本当に良かった。。。)

 

それから、

 

僕はゴシキセイガイインコちゃん達に熱視線を送りながら夢中で撮影していました。

 

 

うん、本当にいい写真が撮れたぞ!

 

満足していた時に

 

「ピコーン」

 

と僕のスマホが鳴りました。

 

僕がゴシキセイガイインコを撮影した場所

ケアンズでキバタンの愛の巣を見てしまった

 

なんと、プロインコカメラマン師匠の岡本勇太さんから、こんなメッセージが届いたのです

 

 

 

「キバタンのねぐら」

 

これは、

 

行くしかない。

 

つまり、これは

 

キバタン達の愛の巣を見れるって事ね!

 

という事で、2ヶ月ぶりに岡本さんに会って

 

岡本さんの車でキバタンのねぐら(愛の巣)に向かった。

 

 

〜10分後〜

 

 

ねぐら(愛の巣)に到着して、僕は空を見上げました。

 

 

 

なんと、大量のキバタンが僕らは待っていました!

 

 

元

もう、ハーレムやんけ〜

 

とつぶやきながら、夢中でシャッターを切りました。

 

岡本さんは、僕の気持ちを汲み取り無言で頷いていました。

 

いやー本当に、こんな素敵な場所に連れって行ってくれてありがというございました!岡本勇太さん!

 

写真は、「撮影後の岡本勇太さんと僕の思い出の1枚」

 

 

〜翌日〜

 

早朝、キバタンのねぐら(愛の巣)を見て

 

テンションが上がっていた僕は早朝にケアンズ市内を散歩していました。

 

そして、とある公園についた時に

 

僕は、叫びました。

 

 

元

キバタンいる〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!

 

 

 

 

 

野生のキバタンが僕の元に現れたのです。

 

 

もちろん、近づいたら逃げましたが。。。

 

 

おかげで、いい写真が撮れたので僕的によしとします。

 

 

 

あ、ちなみにキバタンの匂いは無臭です。(経験上

 

 

どうも、今日はインコ臭を嗅ぐために必要なバイブルをここに残したいと思います!そもそもインコ臭ってなに? インコが放つ、優し...

 

この記事を読んで欲しい人とりあえず、インコ臭を嗅ぎたい人 動物が好きな人 ペット買っている人...

僕がキバタンと早朝会った場所

※ねぐらはわからずです。すみません。

野生のインコを撮るために次はジョージタウンに行きます

 

 

 

今回、僕はケアンズでゴシキセイガイインコとキバタン

 

2種類のインコ、オウムの写真が撮れました。

 

タリーでは、ゴシキセイガインコのみ発見しました。

 

どうも、今タリーというところでバナナのお仕事をしていますげん(@inkoinko666)です。https://allhumans-i...

 

しかし、このままでは他のインコちゃんとオウムちゃんに会えなくて、寂しくて僕は死んでしまいます。

 

他のインコちゃんとオウムちゃんを見るしかない。

 

 

という事で、僕は10月の月末にジョージタウンである

元

インコちゃん!
に申し込みました。

 


ここに行く目的は、

 

野生のセキセイインコやオカメインコの写真を撮る事です。

 

野生のセキセイインコやオカメインコ達は、オーストラリア大陸中央部の定期的には雨が降らず、作物が育たない過酷な荒地や砂漠で主食となる植物の種子を求めて常に移動しながら暮らしています。シドニーやゴールドコースト、ケアンズなどの海岸部の都市近郊に彼らがやってくることは、ほぼありません。

 

 

元

来ないなら、こちらから会いに行きます!

 

 

バナナワークで稼いだお金(約6万円)を使いました。

 

 

これは、投資です。

 

 

果たして、げんはジョージタウンで野生のインコとオウムの写真が撮れるのか?

 

 

僕にもわからない未来ですが、ジョージタウンでの撮影記事を楽しみにして下さい。

 

 

タリーからは以上でした。

 

それでは、またまた〜

 

岡本勇太さんが撮ったオーストラリアのインコ、オウム写真集です。

The following two tabs change content below.

げん

インコ大好きフォトグラファー。 野生のインコの写真を撮るためオーストラリアでワーホリ中。バナナのお仕事でお金を貯めながら、ブロガーをやってます 最近インスタに力を注入中です。プライベートInsta本気Insta作品集のフォローよろしくお願いします。