【トリ充通信018】インコとオウムとハトにも触れ合えるバードカフェオアシス

どうも、インコ大好きフォトグラファーのげん(@inkoinko666)です。

 

 

日本に一時帰国した際に、以前こちらの記事で紹介した心斎橋にある鳥カフェ「バードカフェオアシス」さんに来店しました。

 

最近、インコとオウムちゃん達とふれあえなくて落ち込んでいるげん(@inkoinko666)です。 気分転換に、2018年に取材しに...

 

インコやオウムに触れ合うことに飢えているあなた様に今回は「バードカフェオアシス」さんの魅力は徹底的に紹介します。

 

大阪でトリ充したい人は必見記事です。

 

 

鳥とふれあえるカフェ「バードカフェオアシス Bird Cafe Oasis」さんの情報

 

バードカフェオアシスのホームページ

バードカフェオアシスのTwitterをチェックする

バードカフェオアシスのInstagramで写真をみる

 

住所 〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目6番9号2階

電話番号 06-6282-7719

営業日 平日13:00-19:00 土日祝12:00:18:00

定休日 毎週 火曜日&水曜日

料金体系

コース料金一般小学生以下
30分コース900円500円
60分コース1,300円700円
90分コース1,800円1,000円
延長15分毎300円200円

 

※フリードリンク込みの値段
※税抜

 

元

お店のコンセプト的に、The Step Up Osaka by えとぴりか さんと同じような、ふれあいに特化した鳥カフェ。
元

大型インコ・オウムから小型インコ・オウムまで総勢40羽以上がお店でお待ちしているとのこと。ホームページ上では、大型種は「アオメキバタン」しかいなかった。インコ、オウム以外にもキジバトや文鳥、十姉妹、シュバシキンセイといった鳥さんと触れ合えることができます。

 

 

「バードカフェオアシス Bird Cafe Oasis」さんに行ってきました。

 

Googleマップによると、「バードカフェオアシス」さんの場所はこちらです。

御堂筋線心斎橋駅、堺筋線長堀橋駅から徒歩10分圏内です。

 

お店があるビルは、こんな感じの建物でした。

 

 

ビルの入り口前には、看板があるので「本当にここに鳥カフェがあるのか!」という確認ができます。

 

 

階段から、すぐに2階に上がれます。(エレベーターがあったかな? 忘れております。)

 

 

入り口付近の写真です!

 

 

こちらが、鳥さんとふれあえるスペースルームになります。

 

 

休憩スペースになります。ふれあい疲れたら、身体を休めますし、専用の自販機でフリードリンクが飲めるエリアです。

 

 

こちらが専用の自販機です。 寒かったのでコーンポタージュスープしか飲まなかったですが。

 

 

インコ、オウムグッズが買えます。 雑貨好きの人達にはたまりませんね。

 

 

フリーWifiもあります。 この時、僕はWIfi難民でしたので本当に助かりました! (リアルタイムでインスタのストーリーおよびTwitterでつぶやけたのがうれしい。)

 

 

お店に入った時に店員さんから、鳥さんとふれあう点の注意点があります。 お互い怪我をしない様に、必ず上記の事を確認してから、ふれあいスペースに入る様にしましょう。

 

 

この時は1時間コースで来店しました。 店員さんは、終了時間を告げてくれないので時間は自分で確認するので注意してください。ふれあいスペースにも時計があるので確認できます。

 

元

それでは、いざオアシスのドアを開きましょう・・・

 

 

 

店内のバードスタッフさん達を一挙紹介(ふれあった鳥さんを中心に)

 

元

キビタイボウシインコ

アマゾン川流域や中南米に生息。
芸やおしゃべりで楽しませるラテン気質。
個体によっては噛み癖がある。
めっちゃ大きな鳴き声。

 

元

オキナインコ

人のモノマネがヨウムに次いで上手い。
比較的穏やかに性格。
南米に生息。
スキンシップが大好き。

 


元

ホオミドリウロコインコ

多彩なカラーがある。
それぞれ原産国が違うが主に南米。
寂しがり屋で甘えん坊。
一人でも遊ぶし、人と遊ぶのも好きみたいだ。

 

 

元

アオメキバタン、やっぱ可愛いっす!

 

 

元

鳥さん達にも相性があるので、一度に全羽を触れあいスペースに解放しないとのこと。

 

そりゃーそーか。。。

 

 

 

元

サザナミインコちゃん達。

 

ちっちゃい身体で手に乗ってきたりして、もの凄くかわいかったです。天使とは、この子達のことを言うんですねw

 

触れ合いスペースでは、鳥さんの餌は無料であげれます。

ここで掲載している写真のほとんどは、餌で鳥さんとの距離を縮めて写真を撮りましたよ。

 

 

 

元

オカメインコちゃん達。

安定のかわいさ!

 

 

元

他のバードスタッフの皆さん達。

モモイロインコ、コガネメキシコインコ、ズグロシロハラインコちゃん達と今回触れ合うことができなくて残念です。

 

元

この悔しさは次回に取っておきます。

 

 

元

この鳥カフェの最大のセールスポイントはキジバトとふれあえるところ。

 

 

元

白色のハトってなんかかわいいですよね〜。

 

 

元

ハト。

 

 

元

インコ、オウム、ハトと触れ合いたい人のニーズは、この鳥カフェは満たせます。

 

インコ、オウム、ハトと一度に触れ合いたかったら「バードカフェオアシス Bird Cafe Oasis」が関西No.1の鳥カフェ

 

 

インコとオウム、ハトが共生しているのはこの鳥カフェだけです。

 

今回、一時帰国した時にこの鳥カフェを含めて6来店しました。

 

インコとオウムにいっぱい触れ合って来たのでオーストラリアに戻ってからも幸せな気分でいっぱいです。

 

この機会にぜひとも、”鳥カフェデビュー”をしてみてはいかがでしょうか?

 

現場からは、以上でした。

 

それでは、またまた〜。

 

バードカフェオアシスのホームページでお店情報をチェック!

 

他の心斎橋の鳥カフェ情報はここでチェック

 

どうも!皆さま!! 全人類インコ飼計画ファンの皆様! 待望のトリ充できる鳥カフェ情報です! 鳥好き...

 

以前、こちらの過去記事で紹介していました。 http://allhumans-inkoplan.com/thestepup ...

 

 

げんのオススメインコ書籍。

 

The following two tabs change content below.

げん

インコ大好きフォトグラファー。 社畜から野生のインコの写真を撮るためにオーストラリアでワーホリ中。帰国後はフリーランスフォトグラファーになるので現在カメラの修行をしています。 ■詳しいプロフィールはコチラ ■初訪問の方へ:最初に読んでほしい5記事 ■お問い合わせはSNSからどうぞ。■ プライベート写真集人物写真作品集のフォローもよろしくお願いします。