オーストラリアワーホリに行きたい人が経験者に相談したい9つの質問

どうも、オーストラリアワーキングホリデーに行ってたげん(@inkoinko666)です。

 

7月4日に大阪でワーキングホリデー相談のイベントをやりましたが、参加人数は少ないイベントになりました 笑

 

どうも、オーストラリアワーキングホリデー中のげん(@inkoinko666)です。 6月30日にオーストラリアから日本に帰国するの...

 

でも、イベントに来れない人で個人的に話を聞きたいと要望をもらったので、Skypeを使って昨日「オーストラリアワーキングホリデー相談会」をやりました。

 

事前に受けて質問内容は以下の通りになります。

 

このツイートを公開したところ、個人的に反響が大きかったので記事化しました。

 

オーストラリアワーホリに行きたい人が経験者に相談したい9つの質問

 

  1. ワーホリビザの取り方
  2. ワーホリの目的、目標
  3. 行った先でのはじめの宿泊先
  4. 家探し
  5. 仕事探し
  6. レジュメの書き方(配る目安)
  7. ファームの探し方
  8. 向こうでのコミュニティ参加方法
  9. 車の有無

 

順番に解説していきますね!

 

1、ワーホリビザの取り方

 

なんと、質問者は航空券の事を指していたのでビザと航空券の両習得方法を解説しますね。

 

航空券はスカイスキャナーの航空券比較
を使えばお得なオーストラリア行きの航空券が見つかりますね。


僕はJETSTARを利用しました。

  • 関西空港からならケアンズ。
  • 成田空港からならケアンズとゴールドコースト。

に直行便がありました。

 

ワーキングホリデービザの習得の仕方はこちらの記事のリンクで詳しく書いています。

オーストラリアでワーキングホリデーしているげん(@inkoinko666)です。 タリーのバナナファーム情報系の記事は結構書いてい...

 

2、ワーホリの目的、目標

 

これは人それぞれ違います。

 

僕の場合でしたら、

  • 野生のインコの写真を撮る。
  • 海外の友達を作る。
  • 貯金するでした。

 

詳しくは下の記事で当時のワーホリの目的と目標を書いています。

僕は、ずっと海外に行きたいと決めていました。 楽しい社畜時代と生まれ育った大阪という環境を離れ、 ...

 

ぶっちゃけ、ワーホリ中に目的や目標が変わることはよくあります。

 

野生のインコの撮影が終わってからは、日本でフリーランスカメラマンとしてやっていく為の準備をしていました。やりながら、変化していくのも全然ありです。

 

3、行った先でのはじめの宿泊先

 

ホテル検索サイトで、安いバッパーを調べて泊まりましょう!

僕がよく使うサイトは【Booking.com】


これを利用すれば、通常よりもお得にホテルに泊まれます。

4・5、家探しと仕事探し

 

はい、この2つは重複する内容なのでまとめて解説します。

 

以下の4つのサイトを参考にしてください。

 

  • 日豪プレス  オーストラリア全土の情報をカバーしてる日本語情報サイト。
  • JAMS TV  シドニー情報が多めの日本語情報サイト。
  • Gumtree  英語記載だが情報量は一番。
  • Facebookの情報グループ 稀に良い紹介がある。

 

あと、街中のスーパーの掲示板や友人の紹介で住まいや仕事をゲットした人がいました。

 

6、レジュメの書き方(配る目安)

 

ネットで調べたら、出てくるのでググりましょう。

 

レジュメの他にカバーレターを作るのがオススメです。僕はフィリピン留学時代に作成しました。

平日は仕事をしているので、 来週からブログ更新は週1回の更新を目標にやっていこうと思います。 はい!...

 

 

日本で作成するのがオススメです。

 

配った枚数は1枚です。そもそもファームジョブには必要がありませんでしたが…

 

7、ファームの探し方

 

「4・5、家探しと仕事探し」で紹介したリンクを参照にして下さい。

 

Facebookの情報グループもあるのですが、「ストロベリー」は避けた方が良いと思います。(良い話を効かないので!)

 

また、ファーム情報はすぐに変わるので1年以内のブログ記事やTwitter、Instagramを参考にしましょう。もし、現地で働いている人がいたら質問するのはありですが仕事は紹介できないのが殆どです。

 

8、向こうでのコミュニティ参加方法

 

奇遇ですね!

昨日、その記事について書きました!

 

どうも、オーストラリアでワーキングホリデーをしていたげん(@inkoinko666)です。 僕が試したオーストラリ...

 

9、車の有無

 

すみません。僕持っていませんでした。

でも、車を持っていたら直接ファームに行ってレジュメが渡したりできるので仕事をゲットする確率が上がりますし、車でオーストラリアを周遊する旅「ラウンド」ができるので、オーストラリア生活を楽しめるのは間違いありません。

個人で「Uber」と「Uber Eats」の仕事ができるみたいです。

 

車の入手方法は、「4・5、家探しと仕事探し」で紹介したリンク集を参考にしてください!

 

次回はワーホリ経験者がオーストラリアワーホリに行きたい人にやっておいた方がええ事をまとめます。

 

他にも追記して加えていくのでお楽しみ下さい!

 

相談者のQちゃんのおかげで、良いコンテンツができました。

 

Qちゃんは今年の10月からオーストラリアワーキングホリデーに行くとの事です。彼の今とこれからのワーホリ情報を楽しみにして下さいね!

 

 

>>QちゃんのTwitter

>>Qちゃんのブログ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

フィリピン英語留学で「Palette School」を選んだ3つの理由

日本も海外も関係なかった!大切なのは、自分の周りの人と環境だ!

実際に訪れたメルボルンのインスタ映えフォトスポット10選

タリーでバスキングでやるカラースプレーアートの修行デビュー

【ワーホリ準備編】オーストラリアワーキングホリデービザの習得の仕方

【ワーホリ準備編】オーストラリアワーキングホリデーの初期費用はたったの25万円