あんちゃさん著『アソビくるう人生をきみに。』は新しい生き方の教科書

どうも、弟に先に結婚を越されて「長男のプレッシャーがなくなったね!」とよく言われるようになったげん(@inkoinko666)です!

 

2017年の3月に僕のブログをコンサルをしてもらったプロブロガーのあんちゃさんが、これからの社会人にとっての新しい生き方の教科書ともいえるべき本を出版しました!

 

僕もすぐに買いました!(サイン本と電子書籍の二刀流)

 

 

 

早速読破した感想は

 

  • タイムマシンに乗って、昔の自分に読ませたいあげたい!
  • なぜなら、社畜時代で心が疲弊していた自分を救ってくれる。
  • こんな素敵な本をもっと多くの人に知ってもらいたい。
  • 昔の自分は救えないので、今社会人として悩んでいる若者にこの本を届けたい!

 

社会人経験が3年未満で、今の仕事に何らかの疑問があって、将来的に自分で自分が活かせる仕事をつくってみたい人にとっては、この本は人生の新しい生き方の教科書ともいえる存在です。

 

この記事では、「アソビくるう人生をきみに。 好きなことを仕事にして、遊ぶように生きる人生戦略」で個人的に良かったところを僕の社畜時代の経験を絡めながら紹介していきます!

 

アソビくるう人生をあなたに届けます。

 

会社と家だけの往復をやめて、それ以外の居場所をつくろう

 

“だから、レールの上の人生から抜け出したいのなら、家と会社との往復だけという生活から、一歩外に出てみることです。セミナーや講演会に行ってみるのもいいし、趣味を始めるのもいい。何でもいいから、家と会社以外の場所をつくるべきなんです。”

“アソビくるう人生をきみに。 好きなことを仕事にして、遊ぶように生きる人生戦略”(あんちゃ 著)より引用

 

僕の前職は、週の労働時間が60時間を超え、年間休日も少なく、休日出勤も当たり前みたいな空気があるブラック会社でした。

 

元

3社ともブラック会社しかないんだけどね。。。。

 

そんな状況の中、僕は日々を楽しんでいたのは会社と家以外の自分の居場所をたくさん作っていたからです。

 

休みのたびに、休日前の仕事終わりに、大阪市内に繰り出し、自分が興味があるイベントに参加して、SNSを駆使して、「もう1回会ってみたい人」を目指した結果、本当にたくさんの人達と知り合えることができました。

 

元

Facebook友達は1,470人ほど。(1000人超えたら、crazyな人と呼ばれることがたまにあります) 

 

その出会いから、自分にあったコミュニティーや友人を見つけていきます。経験上、それは心から「これだ!」といえる存在です。それが、あるだけでも人生が楽しくなりますよ

 

この章の最後では、こんな文章で締めくくられています。

 

“自分がいる世界がすべてではない。 みんながそれに気づけたら、今の世の中はもっと生きやすくなるんじゃないでしょうか。 自分の世界を狭くしないためにも、会社以外で自分を受け入れてもらえる場所を持っておくべきです。

“アソビくるう人生をきみに。 好きなことを仕事にして、遊ぶように生きる人生戦略”(あんちゃ 著)より引用

 

これは

 

自分の世界が狭いと見えるものも小さくなり、自分の世界が狭いと見えるものも大きくなる。少ない情報で物事を判断するんじゃなくて、より多くの情報で物事を多方面から見れば、また違った世界が見える!自分をより良く受け入れてくれる場所は他にあるはず。

 

と僕は脳内変換しました!(そうですよね、あんちゃさん?)

 

会社と家だけの往復をやめて、それ以外の居場所を作っていきましょう!オススメですよ。

 

今すぐ人間関係の断捨離をする

 

“会社では尊敬できない上司がいましたし、ブロガーになってから知り合った高校生で、「こんなにしっかりしてて、こっちが勉強させられるなあ」と感動した人もいる。「経験の深さ」に年齢は関係ないんだな、って思います。”

“アソビくるう人生をきみに。 好きなことを仕事にして、遊ぶように生きる人生戦略”(あんちゃ 著)より引用

 

「経験の深さ」って本当に年齢は関係ないと思います。

 

なぜなら、僕もいままでたくさんの人たちと出会って話したりしたんですが、自分以上にしっかりと先を見ている大学生もいたり、年上だけでも口だけで何も行動しない上司もいました。

 

どうして尊敬できるのか? 尊敬できないのか? といま1度考えてみました。

 

やっぱり、「経験の深さ」っていうの条件になってきます。「経験の深さ」っていうのはこれまでどんな事をやってきたのか? 「自分で考えて行動したこと」によって変わってくるのかぁとこの記事を書いててはっきりしました!

 

“私は会社を退職してから、本当につながっていたい人たち(自分が尊敬している人たち)とだけ関わるようになりました。人間関係の断捨離をしたんです。 そこで気づいたのは、「驚くほど人間関係でストレスがなく、有意義な時間が増えた」ということ。 自分のやりたいことをやる時間が確保できる。 尊敬する仲間に学びながら、刺激を受けて生活できる。 自分の意見を伝えられるので、自分の価値観や方向性がハッキリする。”

“アソビくるう人生をきみに。 好きなことを仕事にして、遊ぶように生きる人生戦略”(あんちゃ 著)より引用

 

自分の尊敬できる人たちと同じ環境にいれば、自分の力を最大限に活かせます。

 

“本当はつきあいたくない相手と過ごしたその時間は、一生戻ってこないということだけ覚えておいてほしい”

“アソビくるう人生をきみに。 好きなことを仕事にして、遊ぶように生きる人生戦略”(あんちゃ 著)より引用

 

僕の友達には、facebook上で「人間関係の断捨離をするぞ!」と宣言して、一度に100人ぐらいの友達をみじん切りにした結果、前よりも生き生きとした投稿が目立つようになりました。僕もたまに、人間関係の断捨離をしていますが人間関係のストレスが軽減するので本当にオススメですよ。

 

巻末のワークで内なる自分と向き合える

 

この本は社会人3年未満の人たちをターゲットにしているので、わかりやすい言葉や表現で統一されています。

 

すでに、自分のやりたいことが見つかっている人には若干物足りない内容になってます。

 

そんな人には、巻末付録の「敷かれたレールから降りるための7つのクエスチョン」がオススメです。

 

自分の理想の生き方、理想のライフスタイル、理想の収入などといった7つの質問に沿って自分と対話しながら、考えを洗い出していくワークになります。

 

僕も本書を読む前に、すでに「自分会議」という名で実践していました。「自分の理想の人生にするためには、どんな行動が必要なのか」というのが明確化ができます。

 

つまり、このワークで

 

  • 理想のゴールを明確化すること!
  • ゴールに向かうために、どんな具体的な行動をしていくのか!

 

ということがはっきりと分かります。

 

僕は丸一日かけて、B5サイズのノート9枚使って、このワークをやりきました。

 

 

自分のゴールに向かって、どのようにアクションしていくのかという一連流れつくれます。

 

自分にとっての理想の人生が分かるので、本当にオススメですよ。

 

あんちゃの本は、これからの時代の新しい生き方の教科書

 

 

といった具合に、本の内容を紹介してきました。

 

本当は本の内容全てを載せたかったのですが、さすが犯罪がなるのでやめました 笑

 

続きが気になったあなたは、ぜひこの機会に購入しましょう。(全国の書店で絶賛発売中)

 

 

 

さて、これからの新しい生き方の教科書をつくったあんちゃさんに実際に会ってみたくなりましたか?

 

なんと、あんちゃさんは只今全国で出版家イベントを開催しています。これらのイベントに参加すれば、生あんちゃさんに会えますよ。

 

 

 

ちなみに、大阪では2018年1月22日に関西大学の梅田キャンパスで開催されることが決まりました。(僕はカメラマンとして、参加していますw)

 

 

会場でお会いしましょう!

 

それでは、またまた〜

 

あんちゃさんのブログとTwitterも合わせてどうぞ

 

あんちゃさんのブログ「まじまじぱーてぃー」

 

あんちゃさんのTwitter

 

The following two tabs change content below.

げん

インコ大好きフォトグラファー。 野生のインコの写真を撮るためオーストラリアでワーホリ中。バナナのお仕事でお金を貯めながら、ブロガーをやってます 最近インスタに力を注入中です。 プライベートInsta本気Insta作品集のフォローよろしくお願いします。