50円カメラマンの2月の運営報告と実際やってみて良かったこと

元

どうも!「全人類インコ飼計画」の元です!当サイトは世界をインコで覆い尽くす為、インコの普及活動及びカメラや旅といった趣味の事を書いている雑記ブログになります!

どうも、50円でカメラを撮影しております元です。

今年度の1月上旬に無料でネットショップを作れるBASE
で関西のみで50円で写真撮影をする50円カメラマンを始めました。

2017年もカメラ頑張っていくことで,ネットショップBASEで関西のみ50円でカメラ撮影をやる独占禁止法に違反するかもしれないカメラ撮影サー...

カメラマン業界最安値を武器にして、活動して2か月ちょっと経ったので撮影して良かった事などをまとめていきたいと思います。

 

50円カメラマン2017年2月運営報告書

 

2月の総撮影現場数(自分の個人的な撮影案件も含めて)

 

15件の現場で写真撮影をさせて頂きました。

そのうち、50円カメラマンとしては8件です。

 

半分以上は50円カメラマンの案件でした。

 

急速に50円カメラマンの名前が広がった要因

 

これも、天才ブロガー ニシキドアヤト君の書いた記事のおかげで一気にブロガー界隈で名前が広がりました。(エクゾディアも。)

まだ、5記事でこの盛り上がり用、イケメンなのに面白い。

彼の今後のブログを楽しみな限りです。

 

多かった50円カメラマン撮影内容

 

  • イベント撮影
  • オープニングセレモニー撮影

 

などもありましたが、

その中で最も多かった撮影内容は。

 

SNSやブログのプロフィール写真の撮影が多かったですね。

 

 

僕も自分の顔(芸)画像があんまりないので、この記事見た人でげんの画像がある方は送って来て欲しいです!

 

何で、この怪しいサービスを利用したのかを聞いてみました?

 

周りでそんなにカメラを本気でやっている人がいなかったり、

ブログで書く記事のネタにするとの事でした。

 

確かに、周りでこんなカメラに対して、投資した人はそんなにいないとの事でした。

僕の周りには、そういったお友達が多いので、

 

普通だという認識でしたが

コミュニティが変われば、自分のやっていた事が何かしらの需要がある

って事がわかりました。

 

ぶっちゃけ収益は?

 

50円カメラマン8件なので

 

400円だと思った貴方

 

違いますよ!

 

BASEさんから手数料とらえるみたいですw

 

実はうまい棒も買えないお値段で撮影していましたとさ

 

 

実際に50円カメラマンをしてみて良かった5つのこと。

 

お金以上の価値は50円カメラマンをして良かったと思ってますよ。

 

それを紹介したいと思いますよ。

 

①写真撮影をして欲しいから連絡してくれる。

 

いつも、自分から写真を撮らして下さい。という事が本当に少なくなりました。

口コミで、少しずつ広がっていってます。(実力はともかく)

最近はブロガー関係が本当に多いので嬉しい限りです。

情報交換になりすまし、最近最も熱中している事なので、

とても刺激的な時間を過ごせます。

今後は、撮って欲しいといった人の成約率を上げて、新規を増やしリピーターを増やしていきたいです。(控えめに。)

 

②プロフィール写真は、ヤバそうな雰囲気満載でしたが実際会って見て、意外とまともと言われます。

 

ブログとTwitterとInstagramでは、この写真を使っています。

初対面でこんな人に写真を撮って貰う勇気ある人に僕は乾杯します。

この写真は、自宅で1人で自撮りで1時間かけて撮影した、こだわりの1枚です。

 

愛嬌抜群の写真となっています。

 

当日、インコの恰好で来ると思っているかもしれませんがTPOを意識した服装で行くので安心して下さい。

 

絶対補導されます。(中学時代補導が多かった人より)

 

それが、ギャップとなってまとまだと言われるんだと思います。

 

でも、僕変人と言われるのは、とてつもなく嬉しいですが(イメージ戦略)

 

③撮影した人が記事にしてくれてネットに拡散。

 

どんどんネタにして下さい。

おかげで、当サイトのアクセス数が上がります。

中々、マニアックなブログ運営している僕にとったら、ありがたい事この上ないです。

 

検索でのサイトのアクセス数が少ない僕にとったら、SNSがアクセス源になるからです。

何卒、よろしくお願い致します<m(__)m>ぺこり。。。

SNSの力は凄いよ!

 

④自分の苦手とか好きじゃない撮影現場がわかる。

 

撮影依頼が増えて来たことで、苦手というかこの撮影現場は合わないなーっていう事もありました。将来的には、僕はこの業界に行きたいと考えているので、色々勉強出来るんですよ。

50円でそれが、わかるなんて50円カメラマンってメッチャ良いですよ。

 

⑤カメラマンの修行ができる。

 

良いことも悪いこともありますが、趣味を超えたカメラの修行ができます。

 

もうちょっと、こうした方がよかったという気持ちが自然と撮影した後に湧いてきます。

 

それを改善していけば自ずと上手くなっていく事でしょう。

 

3月もどんどん、修行していきますよ。

番外編 実際に写真撮影している人の料金体系はこんな感じです。

 

50円では、うまい棒も食えるかわからないので、

実際に50円以上稼いでいるカメラマンのお友達に撮影料金はどうしているのかと聞きました。

これを参考にして下さい。50円カメラマンよりも。

 

まとめるとこんな感じでした。(少し忘れている。)

大阪在住カメラマンMさんの料金体系

  • 時間制にしてある。(30分 5,000円とか)
  • 撮った写真の何枚かをする。(15枚ぐらい。写真全部は上げないようだ。)
  • レタッチする。(相手好みの色合いとか重視する。)

 

うん、ちゃんとしている。

 

僕の場合やと、時間制ではないですし、撮った写真も全て渡しています。

その代わり、レタッチはほぼしていません。

(最初の設定でカメラの色を変えて撮っている。)

流石に、レタッチすると死んじゃう俺。。。

時間ない。

 

ちなみに、この料金体系はインターネットで他のカメラマンの料金体系を参考にしたみたいです。値段やサービスの内容も改良して最近30分5000円で安定してきたとの事でした。

 

ちなみに、50円で写真撮影している話をしたら、料金あげましひょーと言われました。

 

お手付きが得意な元は

 

アドバイス通り、料金上げて500円の商品を作りました。

2個も!

 

でも、安心して下さい。

 

50円の商品もありますよ。

 

折角なので、500円の商品は果たして購入されるのか?

という探求心にかられて、3月もカメラを頑張っていきます!

 

まとめ

 

50円カメラマンは、たまたまTwitterでタイムラインに上がっていた熱中マイノリティを運営するともひろさんの記事を見て、関西でやってみようと決めました。

 

僕のこの記事を見て

今後、第4、第5の50円カメラマンが出て来たら嬉しいですね。

(僕は3代目らしい。。。)

 

 

最後に一つだけ、お願いがあります。

 

女性からの撮影依頼が増えて欲しい(切実)

 

本当に。。。

 

インコのコスプレをして、撮影には伺わないのでご安心下さい。

 

 

それでは、またまたー!!

 

おすすめネットショップ作成サイト

 

自分で商品を作って、売ろう!
無料ショップ開設なら「BASE」




オススメは、有料のテンプレートを使って他のサイトと差別化すること。

写真を変えたら売上がドーンと増えるSNS受けする写真の撮り方とは?



もし、あなたがもっとお店の売上を上げたい!
コスト削減をして、利益率を上げたい!

そう思われているなら。

FacebookやInstagramなどのSNSで集客をする前に。

まず、商品の写真を変えてみませんか?

商品写真がキレイだと、パッと見ただけで
お客様がいいな!欲しい!と感じるからです。

でも・・・

  • プロのカメラマンに頼むとコストも時間もかかって面倒。
  • 自分ではイメージ通りの写真が撮れない。
  • どう撮れば良いのかわからない。

などなど。

商品写真で悩まれているネットショップの担当者の方は多いです。

あなたもそうではないでしょうか?

そこで、

「教わったとおり撮影した商品写真に変えたら、

売上がドーンと伸びた!」

と続々と喜びの声が上がっている。

商品写真の撮り方を試してみませんか?

今すぐ詳しい内容を知りたいなら、こちら
初心者でもバンバン売れる商品写真が撮れるようになる!【広告写真のプロが教える写真講座】

そもそも、プロのカメラマンに頼んでも確実に

“売れる”商品写真を撮ってもらえる、

とは限りません。

どういうこと?と思いますよね。

じつは、商品の撮影するときは、キレイに撮ることよりも。

もっと大事なことがあるそうです。

例えば、女性向けのアクセサリーの場合。

中高年の女性向けなのか、若い女性向けなのか。
どんな場面で使うのか。

こういった違いで、写真の撮り方は変わってくるそう。

つまり、商品撮影で一番大事なこと。

それは、商品について、

「どんな目的で、どんなお客さまが、どんな風に使う(食べる)」のか。

以上のことをしっかり把握して、そのままお客様に写真で伝えられるかどうか、
これが一番大事なのです。

じつは、これを教えてくれたのは、広告用の商品写真を撮影して
数々の有名な賞を受賞。

いまも第一線で活躍している、業界トップクラスのカメラマン。

『高崎勉』さんです。

あなたもプロに撮影してもらったのに、
なんだかイメージと違う・・・

と感じたことはありませんか?

お店側のあなたなら、

どんな目的でどんなお客様が、どんな風に使う商品なのか、
よくご存知だからこそ。

ただキレイなだけの写真だと、イメージと合わず、
違和感を感じてしまったのではないでしょうか?

そこで、売り手のあなたが撮影のコツさえ知っていれば。

お客様が欲しい!と思う魅力的な商品写真を撮れることでしょう。

正直言うと・・・

プロのカメラマンよりもずっと、商品写真を魅力的に撮れるはずです。

そこで、あなたの商品知識を使って、ぜひ写真を撮ってみて下さい。

ただし、1つだけ問題が。

他の業務もたくさんあって忙しいから撮影に時間をかけられない。

サクサク終わらせたいのに、なかなか良い写真が撮れない。

そう、自分で写真を撮ると時間がかかるんです。

そこで!

できるだけ低予算で、短時間に、プロ並みの素晴らしい写真を、
サクサク撮れるようになったら。

いいな、と思いませんか?

じつは、先ほどご紹介した一流カメラマン高崎先生が

こっそり公開している、ここだけの商品撮影のコツがあります。

じつは、セミナーにわざわざ行かなくても、
自宅でDVDで学べる内容です。

お試し映像をご覧になるには今すぐこちら。

 

正しいライティングの方法や、カメラの設定、
売れる商品写真に必要な要素など。

インターネットや本で独学すると、なかなか大変な内容も、
映像ならサクッと身につけられます。

ちょっとした撮影の知識と、コツさえ知っていれば、
カンタンに商品を魅力的に撮影できます。

これなら、パソコンやテレビがあれば、スキマ時間を有効活用して、
マイペースに学べます。

難しいカメラの専門用語を覚える必要もありません。

【映像を見て】、【設定を真似して】、【撮影する】
という簡単3ステップ。

とっても、ラクラクな上達法です。

しかも、この先ず~っと無料で、プロ並みの写真が撮れます。

これは、大きなコスト削減になりますよね。

今すぐ、商品写真を“魅力的”な写真に変えて、
お店の売上アップに役立ててみませんか?
初心者でもバンバン売れる商品写真が撮れるようになる!【広告写真のプロが教える写真講座】

関連記事

Lightroom 推進委員会!!

先輩50円カメラマンに会ってきた!ともひろさんってこんな人だよ!

2017年に最も欲しいカメラ機材3選!!

すぐに写真が撮りにいける身近なサファリなオススメ日本の動物園3選

単焦点レンズを買うべき理由は、この一言に尽きる!

光の力を手に入れた!ワイアレスストロボ撮影が出来るようになった話