ミスマッチなんて当たり前、新卒で就職した会社を1年で辞めた

元

どうも!就活時代べらぼう苦戦したげん(@inkoinko666)です。

 

新卒としての、肩書を捨てて、大学卒業してからハローワークを通して、見事卒業してから1ヶ月で社会で働く事が出来ました。

 

大学時代、就職活動で苦戦した記事はこちらより!

どうも、ついに3年振り4回目の就職活動が始まりました!げんです! 実は、今仕事をしていません。 ニートです。通称”明るいニート”とし...
本当に苦労して、仕事先が決まったのでとても嬉しかったです。捨てる神いれば、拾う神がいるのもわかりました。有り難い限りです。

 

元

1年で辞めたんですけどね!

 

元

ハハハ

 

なぜ、仕事を辞めたのか?それから、どうゆう風に仕事を見つけたのか?自分の体験を通して、ミスマッチしたけども、何とか社会で生きていける。それを、感じ取ってくれたら幸いです。

 

新卒で就職した会社について

 

 

業種 農業ポリエステルのメーカーでした。

 

畑の畝(うね)にしく、黒いシートとかあるじゃないですか?(水色のマークの部分)農業ポリフィルムと呼ばれています。これを敷くことで農産物の生産能力が上がったり、害虫防御などにもなる農業用生産資材になります。

 

職種 業務兼営業事務でした。

 

上司の営業資料の作成および、業務作業、電話応対をしていました。電話応対が苦手すぎて、取引先から”おたくの会社は外国人を雇っているのですか?”という問い合わせを頂きました。

 

週休 隔週土日休みで、年間休日は110日ぐらいでした。

 

秋冬が会社の一番売れるシーズンでしたので、その時は休みがあんまりなかったです。勿論、有給は取りにくいです。

 

給料 17万円。税金で15万円ほどになりました。

 

実家暮らしでしたので、何とかこの給料で生きれました。ボーナスは、年2回で1ヶ月分ぐらいしかなかったです。

 

社員は、50名ぐらいでした。

 

一族経営の会社で、本社は大阪。支社が他県に1つだけありました。女性社員の数があまりにも、少なく会社でのバラ色の出会いを諦めました。

 

元

こんな会社に働いてました。

 

元

社風は、ワンマン経営でした。

 

元

唯一、会社で良かった事と言えば、実家から近い。自転車通勤でしたので、満員電車がない。ことだけですね。

 

なぜ1年で会社を辞めたのか!3つ理由があります。

 

きっかけは、配置転換です。

人事異動により、従業員の担当職務や勤務地などを変更することを「配置転換」、略して「配転(はいてん)」といいます。配置転換は大きく、企業内の配置転換と企業間の配置転換に分かれます。前者には昇進・昇格、職種変更、勤務地変更などが含まれ、後者には子会社や関連会社への転籍、出向などが該当します。狭義では、同じ企業内において職場や勤務場所が変わることのみを指し、このうち事業所間にまたがる配置転換を転勤といいます。(日本の人事部より参照)

 

僕の場合でしたら、職種変更になります。

 

業務兼営業事務から倉庫担当に職集変更です。

 

1、やりたい営業の仕事から遠ざかる。

 

多分、会社としても会社の中の状況、および色んな仕事を経験してから、営業に戻れるようにしていたはずです。(ベテラン社員数名に聞いたところ、過去社員でそんな人はいなかったと聞いますが。)

 

でも、僕は営業という仕事に挑戦したいという気持ちがあったので、”仕事辞めたい気持ち”が一気に高まりました。

 

2、給料が2万円下がる。

 

業務兼営業事務のお仕事は、残業代がありました。それが、倉庫担当になれば定時で帰れますが、その残業代がなくなるので、2万円下がります。

 

これは、僕のオフ会参加への参加数に支障がきたすので、本当に死活問題です。

 

この時、オフ会で出会って、その後食事に行く女性の9割がマルチ商法、オカルト宗教勧誘の人達でした。(泣きそう。。。。。)

 

3、社長が嫌いだったから

 

過去記事のやりたくない事リストに出てくる、”挨拶をしない人”とはまさにこの人。

皆さんはやりたくない事リストを書いたことはありますか? やりたくない事リストは、やる必要がないことをやらないことで自分が真にやりた...

 

元

嫌いな人は、世の中に必ずいるもんなんでー。

 

それに、倉庫担当の仕事では、こんなお仕事がありました。

 

倉庫担当のお仕事(先輩倉庫担当の人より確認。)

在庫品の出荷業務、サンプル品の準備、社長の庭の芝刈り

 

元

これは、俺いずれ発狂する。

 

そう思って、僕は退職届を書いて渡して、2週間後には、ニートになりました!

 

会社最終日、会社の敷地を出て僕は言いました。

 

元

自由だー!!(小さく右手をガッツポーズ!)

 

 

ミスマッチなんて当たり前であるということ

 

社会人になって思ったのですが会社に入社して働いてみないとその会社の雰囲気とか、人の感じとかが全然わからないです。

 

なので、よくニュースや新聞とかで見る「ミスマッチ就職」とかあるじゃないですか?

 

僕から言わしたら、合うか合わないかは入社してみないと、わからないのでミスマッチ就職とかは当たり前!!その会社に適応するのか、適応しないのかは個人個人の環境、状態、人生によって大きく変わってきます。

 

なので、無理にその会社で無駄に時間を過ごすよりも、次に行く道を僕はオススメします。

あ、ただ、闇雲に辞めても駄目ですよ。

何をしたいのか?というイメージの輪郭さえ掴んで辞めれば何とかなります(自分の経験上。)

例えば、「安定した収入が欲しいから公務員」「営業の仕事に挑戦して自分を鍛えたいから営業」といった輪郭のイメージになりますね、僕の場合ですと。

こんな単純な理由で大丈夫です

 

何の仕事をしたのか?というはっきりとしとしたイメージさえあれば、どんどん退職して転職しましょう。

 

辞めたら、失業保険の貰い方とか、健康保険の手続きとか、初めての体験がいっぱいできますし、会社ってこんなにお金を払ってくれているんだなぁとわかるので、オススメです。転職は!

 

転職経験2回のげんが教えるオススメの転職サイト
転職なら【DODA】求人情報・転職支援会員募集

実際にエージェントの人とお会いして、転職活動について色々とお話ができて、非公開求人の案件が見れます。エージェントに会いに、会社の方に行くのお金と時間はかかりますが、エージェントの人も真剣にお話してくれるので、自分ではわからない視点や発見があるのでそれ以上の価値があります。この機会に是非、新しい道に進んで下さい。

 

次回予告

 

退職して、ニートになった僕が次に挑戦しょうと思った仕事は警察官。。。。

 

それでは、またまたー!!

 

写真を変えたら売上がドーンと増えるSNS受けする写真の撮り方とは?



もし、あなたがもっとお店の売上を上げたい!
コスト削減をして、利益率を上げたい!

そう思われているなら。

FacebookやInstagramなどのSNSで集客をする前に。

まず、商品の写真を変えてみませんか?

商品写真がキレイだと、パッと見ただけで
お客様がいいな!欲しい!と感じるからです。

でも・・・

  • プロのカメラマンに頼むとコストも時間もかかって面倒。
  • 自分ではイメージ通りの写真が撮れない。
  • どう撮れば良いのかわからない。

などなど。

商品写真で悩まれているネットショップの担当者の方は多いです。

あなたもそうではないでしょうか?

そこで、

「教わったとおり撮影した商品写真に変えたら、

売上がドーンと伸びた!」

と続々と喜びの声が上がっている。

商品写真の撮り方を試してみませんか?

今すぐ詳しい内容を知りたいなら、こちら
初心者でもバンバン売れる商品写真が撮れるようになる!【広告写真のプロが教える写真講座】

そもそも、プロのカメラマンに頼んでも確実に

“売れる”商品写真を撮ってもらえる、

とは限りません。

どういうこと?と思いますよね。

じつは、商品の撮影するときは、キレイに撮ることよりも。

もっと大事なことがあるそうです。

例えば、女性向けのアクセサリーの場合。

中高年の女性向けなのか、若い女性向けなのか。
どんな場面で使うのか。

こういった違いで、写真の撮り方は変わってくるそう。

つまり、商品撮影で一番大事なこと。

それは、商品について、

「どんな目的で、どんなお客さまが、どんな風に使う(食べる)」のか。

以上のことをしっかり把握して、そのままお客様に写真で伝えられるかどうか、
これが一番大事なのです。

じつは、これを教えてくれたのは、広告用の商品写真を撮影して
数々の有名な賞を受賞。

いまも第一線で活躍している、業界トップクラスのカメラマン。

『高崎勉』さんです。

あなたもプロに撮影してもらったのに、
なんだかイメージと違う・・・

と感じたことはありませんか?

お店側のあなたなら、

どんな目的でどんなお客様が、どんな風に使う商品なのか、
よくご存知だからこそ。

ただキレイなだけの写真だと、イメージと合わず、
違和感を感じてしまったのではないでしょうか?

そこで、売り手のあなたが撮影のコツさえ知っていれば。

お客様が欲しい!と思う魅力的な商品写真を撮れることでしょう。

正直言うと・・・

プロのカメラマンよりもずっと、商品写真を魅力的に撮れるはずです。

そこで、あなたの商品知識を使って、ぜひ写真を撮ってみて下さい。

ただし、1つだけ問題が。

他の業務もたくさんあって忙しいから撮影に時間をかけられない。

サクサク終わらせたいのに、なかなか良い写真が撮れない。

そう、自分で写真を撮ると時間がかかるんです。

そこで!

できるだけ低予算で、短時間に、プロ並みの素晴らしい写真を、
サクサク撮れるようになったら。

いいな、と思いませんか?

じつは、先ほどご紹介した一流カメラマン高崎先生が

こっそり公開している、ここだけの商品撮影のコツがあります。

じつは、セミナーにわざわざ行かなくても、
自宅でDVDで学べる内容です。

お試し映像をご覧になるには今すぐこちら。

 

正しいライティングの方法や、カメラの設定、
売れる商品写真に必要な要素など。

インターネットや本で独学すると、なかなか大変な内容も、
映像ならサクッと身につけられます。

ちょっとした撮影の知識と、コツさえ知っていれば、
カンタンに商品を魅力的に撮影できます。

これなら、パソコンやテレビがあれば、スキマ時間を有効活用して、
マイペースに学べます。

難しいカメラの専門用語を覚える必要もありません。

【映像を見て】、【設定を真似して】、【撮影する】
という簡単3ステップ。

とっても、ラクラクな上達法です。

しかも、この先ず~っと無料で、プロ並みの写真が撮れます。

これは、大きなコスト削減になりますよね。

今すぐ、商品写真を“魅力的”な写真に変えて、
お店の売上アップに役立ててみませんか?
初心者でもバンバン売れる商品写真が撮れるようになる!【広告写真のプロが教える写真講座】

関連記事

本当にやりたい事が選別されるやりたくない事リスト作成のススメ!

友達や恋人に約束をドタキャンされた時にやる暇つぶし方法30選!

新卒採用時に200社落ちたけど何とかなる!既卒で採用されたお話!

僕が営業を向いてないとわかって会社を辞めた2つの理由

去年のやりたい事リストの達成率を踏まえ今年のやりたい事リストを書きました。

僕が、警察官採用試験を落ちてすぐに再就職ができたたった1つの理由