バックパッカーをやって、得れた5つの経験

今思うと実際にバックパッカーをして

本当に良かった!

 pixta_10301537
BARの店員に一目惚れ以上した価値があったとおもいますw
↑ 前回記事より
ぼくは旅人で、休みがあればどこかに行きます! その為に働いていると言ってもいいほどです! 理由はいたってシンプルです! ...
(この機会があり、今の僕があります!この場を借りてお礼を申し上げます。)

①出会う人が本当にやさしくて、凄い助けてくれる。

本当にええ人達に恵まれた旅ができたと思います。
外国語がわからない僕と一緒に観光に付き合ってくれた世界一周中の旅人!
初めてのゲストハウス、空港でナンパしたら一緒に泊まってくれた学生バックパッカー!
ゲストハウスのお客さん同士で一緒に行った失業保険バックパッカー(俺も)→笑
人のやさしさに触れ
自分は一人で旅をしているけど
結局は他人に依存してるとわかっちゃいました!
他の人にもこの優しさをあげていきたい気持ちになった。

②一日一日が濃く、毎日が刺激的!

非日常な時間の流れで生活するので、いつも以上に濃い毎日が過ごせます
脳みそ、フル活用してしまうのですぐ寝てしまいますが!

③今でもつながっている

帰国後、何人かの友達とは日本で会いました!
旅先で出会った思い出を話しながら、おいしいお酒が飲めちゃいます!

④新しい目標を見つけた

色んな人達の考えや生き様を見れるので刺激的です。
そして、新たなマインドが閃いて
新しい目標というかやりたい事が出来ました!

⑤大抵の事はできると思うようになった。

勘違いかも、しれませんがそうゆう自信がつきます(笑)
自分の知らない世界を体験して、無事に何とか帰ってこれたかという
自信に繋がるかだと思います。
以上が僕がバックパッカーして好かったと思えた事になります。
是非、行きたい気持ちがあれば行って下さい。
まだ見ぬ世界があなたを待っていますので。
この時、一眼レフカメラを持ってたら良かったと改めて感じますw

写真を変えたら売上がドーンと増えるSNS受けする写真の撮り方とは?



もし、あなたがもっとお店の売上を上げたい!
コスト削減をして、利益率を上げたい!

そう思われているなら。

FacebookやInstagramなどのSNSで集客をする前に。

まず、商品の写真を変えてみませんか?

商品写真がキレイだと、パッと見ただけで
お客様がいいな!欲しい!と感じるからです。

でも・・・

  • プロのカメラマンに頼むとコストも時間もかかって面倒。
  • 自分ではイメージ通りの写真が撮れない。
  • どう撮れば良いのかわからない。

などなど。

商品写真で悩まれているネットショップの担当者の方は多いです。

あなたもそうではないでしょうか?

そこで、

「教わったとおり撮影した商品写真に変えたら、

売上がドーンと伸びた!」

と続々と喜びの声が上がっている。

商品写真の撮り方を試してみませんか?

今すぐ詳しい内容を知りたいなら、こちら
初心者でもバンバン売れる商品写真が撮れるようになる!【広告写真のプロが教える写真講座】

そもそも、プロのカメラマンに頼んでも確実に

“売れる”商品写真を撮ってもらえる、

とは限りません。

どういうこと?と思いますよね。

じつは、商品の撮影するときは、キレイに撮ることよりも。

もっと大事なことがあるそうです。

例えば、女性向けのアクセサリーの場合。

中高年の女性向けなのか、若い女性向けなのか。
どんな場面で使うのか。

こういった違いで、写真の撮り方は変わってくるそう。

つまり、商品撮影で一番大事なこと。

それは、商品について、

「どんな目的で、どんなお客さまが、どんな風に使う(食べる)」のか。

以上のことをしっかり把握して、そのままお客様に写真で伝えられるかどうか、
これが一番大事なのです。

じつは、これを教えてくれたのは、広告用の商品写真を撮影して
数々の有名な賞を受賞。

いまも第一線で活躍している、業界トップクラスのカメラマン。

『高崎勉』さんです。

あなたもプロに撮影してもらったのに、
なんだかイメージと違う・・・

と感じたことはありませんか?

お店側のあなたなら、

どんな目的でどんなお客様が、どんな風に使う商品なのか、
よくご存知だからこそ。

ただキレイなだけの写真だと、イメージと合わず、
違和感を感じてしまったのではないでしょうか?

そこで、売り手のあなたが撮影のコツさえ知っていれば。

お客様が欲しい!と思う魅力的な商品写真を撮れることでしょう。

正直言うと・・・

プロのカメラマンよりもずっと、商品写真を魅力的に撮れるはずです。

そこで、あなたの商品知識を使って、ぜひ写真を撮ってみて下さい。

ただし、1つだけ問題が。

他の業務もたくさんあって忙しいから撮影に時間をかけられない。

サクサク終わらせたいのに、なかなか良い写真が撮れない。

そう、自分で写真を撮ると時間がかかるんです。

そこで!

できるだけ低予算で、短時間に、プロ並みの素晴らしい写真を、
サクサク撮れるようになったら。

いいな、と思いませんか?

じつは、先ほどご紹介した一流カメラマン高崎先生が

こっそり公開している、ここだけの商品撮影のコツがあります。

じつは、セミナーにわざわざ行かなくても、
自宅でDVDで学べる内容です。

お試し映像をご覧になるには今すぐこちら。

 

正しいライティングの方法や、カメラの設定、
売れる商品写真に必要な要素など。

インターネットや本で独学すると、なかなか大変な内容も、
映像ならサクッと身につけられます。

ちょっとした撮影の知識と、コツさえ知っていれば、
カンタンに商品を魅力的に撮影できます。

これなら、パソコンやテレビがあれば、スキマ時間を有効活用して、
マイペースに学べます。

難しいカメラの専門用語を覚える必要もありません。

【映像を見て】、【設定を真似して】、【撮影する】
という簡単3ステップ。

とっても、ラクラクな上達法です。

しかも、この先ず~っと無料で、プロ並みの写真が撮れます。

これは、大きなコスト削減になりますよね。

今すぐ、商品写真を“魅力的”な写真に変えて、
お店の売上アップに役立ててみませんか?
初心者でもバンバン売れる商品写真が撮れるようになる!【広告写真のプロが教える写真講座】

関連記事

関空発!!格安空港Peach(ピーチ)で行きたい旅行先3選!

ホーチミン観光ではベトナム戦争を知る為に戦争証跡博物館に訪れよう

フリーランスになりたい人必見!千葉県の金谷にある「まるも」へ行こう

今日から東京で修業して来ます。インコとお酒とブログのために

チェンマイで泊まるなら日本人経営のゲストハウス「スローハウス」一択だ。

世界遺産ペナン島のストリートアートで自撮りした写真がリア充だ