BAR通い歴7年の僕が教える、行きつけのBARを持つ4つのメリットは!

大学生のときに飲みサーに通ってましたげんです!

スポーツで汗を流した後、毎日お酒飲んでました!

大学では本当にお酒の飲み方しか勉強しておりません(笑)

sante-cheers-proost

 

そんな、僕は
大学の頃からBARに通ってました!
今では、行きつけのBAR4店を通いながら週末を楽しんでいます。

そんな僕が行きつけのBARを持つメリットは4つあります。

①お酒飲んだら、喋りやすくなる

口下手な僕は、お酒を飲むと饒舌になります。滑舌も更に悪くなります。

酔った勢いで慣れ合った会話ができるのも魅力です!

飲みすぎは、危険ですが!

②経験豊富なマスターとの会話

本当にマスターとの会話面白いです!引き出しの多さが魅力的。
お酒の勢いで、ささいな悩み相談もできちゃったりします。
(Barによって、違いますのでそこは気を付けて)

③お店のお客さんと仲良くなれる

お酒の勢いで他のお客さんにも、話せます。
話せば仲良くなるんですよ!
相手にもよるので、そこは空気を読みながら是非積極的に話した方がいいです!

④その繋がりは、店外でも広がっていく

ある程度、お店に通い続けるとマスターにも顔を覚えてくれます。
キャラが濃ければ一瞬で覚えてくれます。
Barのお客さんとも仲良くなって自然と友達やら繋がりが増えていきます。
Barで会うお客さんとも、仲良くなったら遊べます。
また、そこから色々派生して同じようなお店やら他のコミニティとも知れたりします。
いかがでしたか?
実際、僕はBARで出来た友達の方が多いので
休みの度に市内に飲みにいきます。
学生時代と変わらない飲み好きですが、
お酒が苦手な人でも、おいしいソフトドリンクがあるお店もあるので、
この機会に是非とも行きつけのBARを見つけて下さい!
20160430-wib_3326-edit
『マスター、今日はちょっと強いヤツを。。。』
BARで言いたいセリフ 個人的No.1                 

 

 

写真を変えたら売上がドーンと増えるSNS受けする写真の撮り方とは?



もし、あなたがもっとお店の売上を上げたい!
コスト削減をして、利益率を上げたい!

そう思われているなら。

FacebookやInstagramなどのSNSで集客をする前に。

まず、商品の写真を変えてみませんか?

商品写真がキレイだと、パッと見ただけで
お客様がいいな!欲しい!と感じるからです。

でも・・・

  • プロのカメラマンに頼むとコストも時間もかかって面倒。
  • 自分ではイメージ通りの写真が撮れない。
  • どう撮れば良いのかわからない。

などなど。

商品写真で悩まれているネットショップの担当者の方は多いです。

あなたもそうではないでしょうか?

そこで、

「教わったとおり撮影した商品写真に変えたら、

売上がドーンと伸びた!」

と続々と喜びの声が上がっている。

商品写真の撮り方を試してみませんか?

今すぐ詳しい内容を知りたいなら、こちら
初心者でもバンバン売れる商品写真が撮れるようになる!【広告写真のプロが教える写真講座】

そもそも、プロのカメラマンに頼んでも確実に

“売れる”商品写真を撮ってもらえる、

とは限りません。

どういうこと?と思いますよね。

じつは、商品の撮影するときは、キレイに撮ることよりも。

もっと大事なことがあるそうです。

例えば、女性向けのアクセサリーの場合。

中高年の女性向けなのか、若い女性向けなのか。
どんな場面で使うのか。

こういった違いで、写真の撮り方は変わってくるそう。

つまり、商品撮影で一番大事なこと。

それは、商品について、

「どんな目的で、どんなお客さまが、どんな風に使う(食べる)」のか。

以上のことをしっかり把握して、そのままお客様に写真で伝えられるかどうか、
これが一番大事なのです。

じつは、これを教えてくれたのは、広告用の商品写真を撮影して
数々の有名な賞を受賞。

いまも第一線で活躍している、業界トップクラスのカメラマン。

『高崎勉』さんです。

あなたもプロに撮影してもらったのに、
なんだかイメージと違う・・・

と感じたことはありませんか?

お店側のあなたなら、

どんな目的でどんなお客様が、どんな風に使う商品なのか、
よくご存知だからこそ。

ただキレイなだけの写真だと、イメージと合わず、
違和感を感じてしまったのではないでしょうか?

そこで、売り手のあなたが撮影のコツさえ知っていれば。

お客様が欲しい!と思う魅力的な商品写真を撮れることでしょう。

正直言うと・・・

プロのカメラマンよりもずっと、商品写真を魅力的に撮れるはずです。

そこで、あなたの商品知識を使って、ぜひ写真を撮ってみて下さい。

ただし、1つだけ問題が。

他の業務もたくさんあって忙しいから撮影に時間をかけられない。

サクサク終わらせたいのに、なかなか良い写真が撮れない。

そう、自分で写真を撮ると時間がかかるんです。

そこで!

できるだけ低予算で、短時間に、プロ並みの素晴らしい写真を、
サクサク撮れるようになったら。

いいな、と思いませんか?

じつは、先ほどご紹介した一流カメラマン高崎先生が

こっそり公開している、ここだけの商品撮影のコツがあります。

じつは、セミナーにわざわざ行かなくても、
自宅でDVDで学べる内容です。

お試し映像をご覧になるには今すぐこちら。

 

正しいライティングの方法や、カメラの設定、
売れる商品写真に必要な要素など。

インターネットや本で独学すると、なかなか大変な内容も、
映像ならサクッと身につけられます。

ちょっとした撮影の知識と、コツさえ知っていれば、
カンタンに商品を魅力的に撮影できます。

これなら、パソコンやテレビがあれば、スキマ時間を有効活用して、
マイペースに学べます。

難しいカメラの専門用語を覚える必要もありません。

【映像を見て】、【設定を真似して】、【撮影する】
という簡単3ステップ。

とっても、ラクラクな上達法です。

しかも、この先ず~っと無料で、プロ並みの写真が撮れます。

これは、大きなコスト削減になりますよね。

今すぐ、商品写真を“魅力的”な写真に変えて、
お店の売上アップに役立ててみませんか?
初心者でもバンバン売れる商品写真が撮れるようになる!【広告写真のプロが教える写真講座】

関連記事

BARでの飲み友の作り方 元式